フェアリージャパンがトライアウト実施 メダル効果で参加者最多122人

フェアリージャパンがトライアウト実施 メダル効果で参加者最多122人

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/17
No image

トライアウトに参加したフェアリージャパンPOLAの杉本早裕吏主将=都内

世界選手権で史上最多4つのメダルを獲得した新体操日本代表「フェアリージャパンPOLA」が17日、都内で来季以降に向けてシニア、ジュニア、育成プログラムのトライアウトを実施し、メダル効果か、過去最多の122人が参加した。

団体でメダルを獲得した現在のメンバーらも参加。主将の杉本早裕吏(21)は「これだけ人が集まってくれてビックリした。(現メンバーとは)笑顔で自信を持ってやろうという話をした。フェアリーを目指す選手の憧れでありたいし、ライバルだとも思う。私たちも上を目指していきたい」と、笑顔で話した。

世界選手権でのメダル獲得で、20年東京五輪への期待が高まっている。山崎浩子強化本部長は「来年の世界選手権で団体総合3位に入れば、東京五輪の枠が獲得できる。今年のようにうまくはいかないかもしれないが、目指していきたい」と、見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「猫?絶対にキライです!」って言ってたはずの、ツンデレたちのビフォーアフター
「おっぱいが完全に綱手」 叶美香、『NARUTO』の綱手様コスが“本物”でしかない
指原莉乃・峯岸みなみ・柏木由紀、じゃんけん大会でのセクシーな衣装に絶賛の声
林修先生、キラキラネームと学力の相関性語る 東大合格者の名前は...
「かわいい子犬が3匹産まれた...背中を見たらミラクルが起きていた!」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加