村田諒太、井上尚弥ら選考会で最優秀選手候補4人に

村田諒太、井上尚弥ら選考会で最優秀選手候補4人に

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/11
No image

井上尚弥(2017年12月31日撮影)

日本ボクシングコミッションと東京運動記者クラブのボクシング分科会が11日、都内で17年の年間表彰ノミネート選考会を開いた。最優秀選手賞候補は4人。WBAで日本人2人目のミドル級世界王座獲得となった村田諒太(31=帝拳)、米国を含めてオールKOでWBO世界スーパーフライ級王座を3度防衛の井上尚弥(24=大橋)、WBAとIBFの2団体を統一した田口良一(31=ワタナベ)、フライ級初のオールKOでWBC世界王座を獲得した比嘉大吾(22=白井・具志堅)の4人となった。2月9日に都内のホテルで発表、表彰される。

他の賞では技能賞は村田、井上、田口、ホルヘ・リナレス(帝拳)、殊勲賞は村田、田口、木村翔(青木)、尾川(帝拳)、KO賞は井上、比嘉、木村、新鋭賞は木村、京口(ワタナベ)、拳四朗、女子最優秀賞は藤岡(竹原畑山)、小関(青木)が候補に上がった。また、今回から裏方にも評価を与えようとトレーナー賞、顕著な社会貢献に対してのダイヤモンド・フィスト賞(仮称)も設けられる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小室哲哉引退で関連アルバム2作がトップ20入り
ミオシッチ、判定勝ちでヘビー級最多のV3 UFC
コーミエ、TKOで3度目防衛「またUFC王者だ」
現役復帰宣言の亀田興毅氏 「戦いたい相手は2人」
エロール・スペンス Jr.はメイウェザーを超えるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加