“カナダ対決”制したトロントがファイナル進出。遠藤翼はベンチ入りも不出場

“カナダ対決”制したトロントがファイナル進出。遠藤翼はベンチ入りも不出場

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/12/01
No image

トロントFCの遠藤翼【写真:Getty Images】

メジャーリーグサッカー(MLS)イースタン・カンファレンスのカンファレンス・ファイナル2ndレグが現地時間30日に行われ、トロントFCがモントリオール・インパクトとの"カナダ対決"を制して初のMLSカップ進出を果たした。

アウェイでの1stレグで2-3の敗戦を喫していたトロントだが、ホームでの2ndレグは前後半の90分を終えた時点で逆に3-2のリード。2試合合計5-5で延長戦へもつれ込み、延長前半に2点を奪ったトロントが勝ち進む結果となった。今シーズン限りでのモントリオール退団を表明していた元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバにとっては、敗れたことでこれがラストマッチとなった。

トロントに所属する日本人選手のMF遠藤翼は、この試合にベンチ入りしたが出場はなかった。レギュラーシーズンでは今季21試合に出場して得て2ゴールを記録していたものの、プレーオフに入ってからはまだ出場機会を得ることができていない。

MLSの年間王者を決めるMLSカップは現地時間12月10日に開催。トロントと同じく初のファイナル進出を果たしたシアトル・サウンダーズとの対戦となる。レギュラーシーズンの成績で上回るトロントは、一発勝負のMLSカップをホームで戦うことができる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
CS決勝の判定で物議...家本政明主審がSNS閉鎖「これまで多々我慢してきましたが...」
墜落事故生存者「死にたい」
クラシコ 先発メンバー発表
レアル、劇的ドローで公式戦33試合無敗。バルサとの”クラシコ”は引き分けに
クラシコ1-1 劇的引き分け

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加