木村太郎氏 国会議員を有権者がリコールできるように法改正を

木村太郎氏 国会議員を有権者がリコールできるように法改正を

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/11/23
No image

木村太郎氏

ジャーナリストの木村太郎氏が22日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に出演し、現状の法制度では国会議員に対して有権者が辞職を求めることができないとし、制度を改めるべきだとの考えを示した。

番組では、NHKから国民を守る党の丸山穂高衆院議員が10月29日に皇居で催された天皇陛下の即位を祝う「饗宴きょうえんの儀」で、酒に酔って不適切な言動をした可能性があることについて報じた。丸山氏が「泥酔していたのでは」とも話題になった。

意見を求められた木村氏は「泥酔かどうかは分からないけど」とし、「選挙民がどう考えているか。地方議員は選挙民がリコールすることができるんです。でも、国会議員はそれができない。国会議員は憲法で全国民を代表するとなっているから、選挙区だけが『辞めろ』と言っても辞めさせられないという妙な縛りがある。この人のことを言ってるんじゃないですよ」と丸山氏を念頭に置いているのではないと断った。憲法43条に「両議員は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する」となっている。

木村氏は続けて「歴代、やめさせたい議員がいるでしょ。辞めさせられないのは問題がある。国会議員がクビにならないようにできているところを、直した方がいいと思う」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国立競技場の竣工式が行われる 「HELLO,OUR STADIUM」
「公的病院再編」大反発招いた厚労省の読み違い とはいえ見直しは避けられない
“天才子役”は何をしたいのか?『小泉進次郎と権力』
安倍首相補佐官と厚労省女性幹部が公費で「京都不倫出張」
首相「オールジャパンで努力」新国立競技場の竣工式に出席
  • このエントリーをはてなブックマークに追加