最新ランキングをチェックしよう
文書改ざん最終責任だれ?「安倍首相」(田原総一郎)、「佐川長官」(若狭勝)、「昭恵夫人」(猪瀬直樹)

文書改ざん最終責任だれ?「安倍首相」(田原総一郎)、「佐川長官」(若狭勝)、「昭恵夫人」(猪瀬直樹)

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/03/14

森友学園への国有地売却を巡る財務省が決裁文書を改ざんの責任を取るべきはだれか。ジャーナリストの田原総一朗氏、前衆院議員で弁護士の若狭勝氏、元東京都知事の猪瀬直樹氏の3人に聞いた。田原「安倍首相ですよ。なんで官僚があんな重大な改ざんをしなきゃいけなかったのか。上から圧力があったに違いありませんよ。改ざんがわかった時点で、当然、麻生財務相は辞任すると思ったんですが、しなかった。佐川国税庁長官の辞任はト

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
圧倒的な透明感!中国屈指の人気コスプレイヤー・小柔SeeUに訊く中国と日本のコスプレの違い【写真多数】
眞子さまの恋人・小室圭さん、“億超”警備費は税金――「国民が怒る問題じゃない」と弁護士解説
【衝撃】mihimaru GT(ミヒマル ジーティー)の現在がヤヴァイ
古代の3大陋習、中国の纏足・西洋のコルセット・そして日本の・・・=中国メディア
あおり運転「酷すぎ」一部始終 爆音で空ぶかし、急ブレーキも...被害者がドラレコ動画公開

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加