ヤクルト ドラフト隠し玉に広島経大のドクターK・尾仲

ヤクルト ドラフト隠し玉に広島経大のドクターK・尾仲

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/19
No image

ヤクルトが、20日のドラフト会議で広島経大・尾仲祐哉投手(21)の指名を検討していることが17日、分かった。

尾仲は身長172センチと小柄ながら、140キロ台後半の直球とカットボールが武器の右腕。6月の全日本大学野球選手権1回戦(対九国大)では最速149キロを計測し、八回まで毎回の14三振を奪った“広島のドクターK”だ。球団の評価は高く、“隠し玉”としてリストアップした。

今季は、両リーグワーストの防御率4・73で5位に低迷。この日、都内で行われたスカウト会議ではドラフト1位指名候補として佐々木(桜美林大)、田中(創価大)、山岡(東京ガス)らの投手をリストアップ。即戦力の逸材を獲得して投手陣の強化を図る。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハム・中田、大谷に本塁打数抜かれたら4番降格直訴していた
荒川博氏の死去に「最後の弟子」中日渡辺ショック
中日打撃投手転身の久本、落合GMから熱い電話「お前だから電話しているんだぞ」
ただの会議じゃない「ウインターミーティング」
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加