【鳥栖】「FC東京化を目指していますか?」。フィッカデンティ監督に直撃質問!

【鳥栖】「FC東京化を目指していますか?」。フィッカデンティ監督に直撃質問!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/02/16
No image

キックオフカンファレンスで一つひとつ丁寧に答えてくれたフィッカデンティ監督。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

14~15年シーズンはFC東京で、16~17年シーズンは鳥栖でしっかりと結果を出してきたマッシモ・フィッカデンティ監督。18年2月15日のキックオフカンファレンスで直撃すると、このイタリア人指揮官は笑顔で次のように答えた。

「(鳥栖で3年目を迎える)今季も結果を残したい。FC東京では短期間で上のほうに行きましたが(15年シーズンは年間4位)、鳥栖でも少し時間をかけてそこまで辿り着きたいという気持ちを持っています」

フィッカデンティ監督はFC東京でも、鳥栖でも組織的に優れたチームを作っている。「クラブが支えてくれているから」と謙遜するが、その手腕は見事のひと言だ。

興味深いことに、今の鳥栖には“元”FC東京の選手たちが何人かいる。GKの権田修一、MFの河野広貴、そして今オフに加わった高橋秀人。いずれもフィッカデンティ監督の下で重用されていたプレーヤーだ。今季の注目は、やはり神戸から加入した高橋だろう。なぜ鳥栖に移籍してきたのか、フィッカデンティ監督にこう訊いてみた。「髙橋選手に声をかけたのは監督ですか?」と。

「FC東京時代から知っていたので、長い交渉をする必要はなかったということだけは言っておきます。彼が自分の下でサッカーをやりたいという気持ちを伝えてくれたことも獲得につながったと思います」

明言を避けたフィッカデンティ監督に、ならばと意地悪な質問をぶつけた。

「“FC東京化”を目指していますか?」

つまり、鳥栖を強くするうえで“元教え子”を今後も加える可能性はあるかというニュアンスの質問をぶつけてみたのである。すると、フィッカデンティ監督は笑みを浮かべて次のように答えた。

「それは分かりません。ただ、私のほうから呼んだことはありません」

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
いよいよ始まるJリーグ...ゴール量産が期待されるJ1全18クラブの“エース”は誰だ?
鳥栖監督インフルで開幕戦× コンカ・コーチが指揮
勝みなみ「勇気と感動を」明治安田生命と所属契約
Jリーグ開幕! 毎年的中の“降格チーム”を今年も聞いてみた
神戸ポドルスキ、J初の平日金曜開催「光栄なこと」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加