増える「贅沢していないのに借金をする」人。今や貧困は全世代の課題だ

増える「贅沢していないのに借金をする」人。今や貧困は全世代の課題だ

  • BEST T!MES
  • 更新日:2017/09/16

「今さら聞けない」ニュースのキーワードについて、「分からないことはなんでも聞いちゃう」いまドキの社会人、トオルくんとシズカちゃんが第一人者の先生たちに話を聞いていきます。

贅沢のための借金は昔の話 今は“生活”のために借金

No image

田中光さんのシュールイラストも必見! 4コマで分かります

トオル…あ~あ。Nintendo Switchが
欲しいけど、今お金ピンチなんだよな…。今月もカード使っちゃおうかな。

シズカ…カード払い!? トオルくん、そんなにクレジットカードのヘビーユーザーなの?

トオル…確かにカードはよく使ってるかな。でも大丈夫! リボ払いにしているからね。どんなに使っても毎月2万しか返さなくていいんだ!

シズカ…なんだか危なっかしいなー。借金をする人が増えているってニュースでやってたし、そんな気軽にカードばかり使ってたら、いつか返済できなくなっちゃうわよ。

トオル…え? 僕ってそんなにまずい状況? じゃあ『貧困世代』の著者で、ソーシャルワーカーとして現場で借金の相談にも乗っている藤田孝典先生に聞いてみようよ。きっと最近話題になっている「借金問題」について詳しくしっていると思うよ。

シズカ…そうしましょ。藤田先生、借金する人が増えてるって本当ですか?

藤田…はい、借金問題は日本で深刻な状況になっています。一口に借金といっても、クレジットカードにカードローン、消費者金融などいろいろありますが、全体的に負債を抱える人は増えています。トオル君、借金をした人は、そのお金を何に使っていると思いますか?

トオル…うーん…。どうしても欲しいものがあるときに借りるはずだから、趣味とか嗜好品とか、女の人だったブランド物のバッグとか…? あと、ギャンブルをする人は借金するイメージがあるかも。

藤田…もちろん、そうした使い道の人もいるでしょう。ただ、ブランド物を買い漁ったり、ギャンブルで溶かしたりして借金という人は一昔前のほうが多かったんです。僕はソーシャルワーカーとして、現場でここ15年近く困窮者の相談を受けてきましたが、今は、ほとんどが生活費のための借金です。

シズカ…じゃあ、贅沢がしたくて借りているというわけではないんですね。

藤田…今は普通の金銭感覚の人でも、借金せざるを得ない状況になっているんです。その大きな理由のひとつは、労働者の賃金が低下し続けていること。賃金は1990年代後半がピークで、その後は減る一方です。労働者の待遇がかつてないくらい落ち込んでいるため、収入と収支のバランスがめちゃくちゃになり、生活に必要なものを借金で補う人が増えているのです。

賃金が低い20~40代、借金で教育費や住宅費賄う現状

シズカ…しかも、非正規雇用者の割合が増えて、不安定な生活の人も増えているって聞くわ。

藤田…その通りです。特に非正規の割合は20~40代が圧倒的に高く、20年前と比較しても賃金が格段に安い。特に、女性の場合の非正規雇用の割合は相変わらず高いです。そうしたなかで、衣食住はもちろん、子どもができれば養育費も支払い続けなければいけない。さらに地方では車がないと働けないことも多いですから、そのガソリン代や維持費などがかかってくる。生きていくのに必要なお金が給料だけでは足りなくなっているのです。

トオル…でも、お金がないなら、せめて節約するなりした方がいいんじゃ……。

シズカ…ネットやテレビでも節約ネタって結構多いよね。収入が少ないなら、家計を見直すのも手かも。

藤田…う~ん、それはどうでしょう。僕が相談を受けている方の場合、賃金が低すぎて節約をしようがない家庭がほとんど。カツカツで生活しても月々3万~5万ほど足りないことが多いですね。また、学生の場合だと奨学金を借りて進学する人も増えています。これもひとつの借金と言えるでしょう。

シズカ…そういえば、奨学金も問題になっていましたよね。学生時代に奨学金を借りていたけど、卒業後に返済できなくて困っている人がいるとか。

トオル…何百万も借金を背負ったまま卒業して社会に出るのはイヤだけど、学生時代にひとり暮らしなんかしたら、親の仕送りだけじゃ足りないこともあるよね。

藤田…そうですね。1990年代半ばでは、学生の6割以上が月に10万円の仕送りをもらっていましたが、今、10万円以上は3割以下で、5万円未満の学生がどんどん増えている。そうした中で、学費や生活費を賄うために奨学金を借りる学生が一般的になってきているのです。

シズカ…若者の賃金自体が下がっているから、社会に出てもお金を返せない。仮に返済できても、今度は生活に困ることになっちゃう……なんだか暗い話になっちゃったわね。

生活保護以下の年金で暮らす「下流老人」が増えている

トオル…あ! でも、高度経済成長期やバブル時代に稼ぎまくった高齢者はお金もってそうだよね!

藤田…もちろん、その世代の中には裕福な人もいっぱいいるでしょう。ただし、少子高齢化が進んだ結果、現在は年金額そのものも減っています。拙書『下流老人』でも紹介していますが、年金額が生活保護の支給額を下回る人もかなりいます。年金収入が少なければ、十分な貯金がないと厳しい生活を強いられることになります。

シズカ…でも、高齢者の場合、自分の子どもが大人になっているわけだから、ある程度の援助を見込めるんじゃないかしら。

藤田…確かに、子ども世帯と同居していたら、年金や貯金が少なくても比較的やりくりしやすくなります。しかし、今の日本は核家族世帯が当たり前で、高齢者は孤立しがち。年金も含めた月々の「収入」「貯蓄」「頼れる人間」、この3つを持たない高齢者は貧困に陥りやすいのです。

シズカ…ある程度年を重ねると、病気も不安だし、いざという時大変ね…。

トオル…年配になるとあまりお金を使わなくても済みそうなイメージがあったけど、実はそうでもないのかな。

藤田…そうですね。シズカさんが言うように、医療費がかさむこともありますし、子どもが引きこもりで、頼るどころか家計の負担になっている世帯もあります。たとえギリギリ生活できていても、不測の事態が起きた時は、借金せざるをえない環境の高齢者が増えているのです。実際に自己破産などの法的救済を求める高齢者はまた増加傾向を示していますから。

シズカ…借金の問題は全世代にあるということね。

第二回:リボ払いにカードローンの激甘審査。返済能力以上の借金を負わせる制度は異常だ〉に続く。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
名医たちが実名で明かす「私が患者なら受けたくない手術」
知ってた!?「九九の9の段」に隠された驚くべき秘密
【悲報】9月23日の人類滅亡がほぼ確定! 惑星の配置が黙示録の記述を完全再現していることが判明!
怖すぎる!16キロ走行した車の下から「体毛の焦げた臭い」恐る恐る見てみると・・・
漫画喫茶でセックスした時に起きた珍事件6つ 使用済みゴムを...!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加