フェライニ、1月にベシクタシュ移籍か...モウリーニョも容認

フェライニ、1月にベシクタシュ移籍か...モウリーニョも容認

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/12
No image

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表MFマルアン・フェライニ(29)が、1月にトルコのベジクタシュに移籍するようだ。英『ミラー』が報じた。

2013年夏にエバートンで指揮していたデイビッド・モイーズ監督とともにユナイテッドに移籍し、ここまで公式戦142試合で19得点を記録しているフェライニ。2メートル近い身長をいかしてパワープレー要員としても起用され、ジョゼ・モウリーニョ監督のもとで印象的なパフォーマンスを続けている。

しかし、ユナイテッドは今季限りで契約が満了するベルギー代表MFと新たな契約を結ぶ予定はないようだ。むしろ、今冬の移籍市場で売却をして移籍金を得たいと考えている。補強の前に売却を進めるよう言われているモウリーニョ監督も、これを容認しているようだ。

同紙によると、ユナイテッドはフェライニ移籍でベシクタシュと合意に至った模様。移籍金は800万ポンド(約11億9000万円)だという。代役としてユナイテッドは、シャフタールに所属するブラジル代表MFフレッジ(24)の動向を追っている。

●プレミアリーグ2017-18特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イブラ、驚異の回復力。モウリーニョが招集認める。ポグバ&ロホもメンバー入り
不発のドルトムント香川に独紙が落第点 「厳しいマークで前半苦しんだ」
【大会6日目】4強が決定、最後の1人はゴファン[ATPファイナルズ]
“天才”小野伸二に海外メディア注目 中田英寿らに並ぶ「日本サッカー界のレジェンド」
監督が記者に「黙れ!」4連発の“ブチ切れ会見”が話題 英メディア「史上最高の激怒か?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加