欧州為替:ドル・円は弱含み、欧州株安、米長期金利は低下

欧州為替:ドル・円は弱含み、欧州株安、米長期金利は低下

  • FISCO
  • 更新日:2017/08/11
No image

株式会社フィスコ

ドル・円はやや値を下げる展開となり、足元は108円90銭台で推移。欧州株が全面安となるなか、米国10年債利回りが2.18%台まで低下し、ドル売り・円買いが強まり、本日のアジア安値と同水準の108円91銭まで下落した。ユーロ・円は128円07銭まで下落した。

ここまでのドル・円の取引レンジは108円91銭から109円14銭。ユーロ・円は128円07銭から128円28銭、ユーロ・ドルは1.1751ドルから1.1765ドルで推移。

<KK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「911」の後継になれなかった、ポルシェ「928」の初期型を廃車置場で発見
「そんな働き方では人間のクズになる」―ランドセルメーカー・協和が『日本でいちばん大切にしたい会社』である理由
スノーピークの株価が「山の日」を前に急落した理由
もう後がない。過去最大63億円赤字の「大塚家具」が迎える正念場
「世界のSEIKO」失われた輝き...東京五輪で公式時計に不採用、盟友エプソンと腕時計戦争
  • このエントリーをはてなブックマークに追加