大阪・小走石油、破産申請へ...エコカー普及で売上減少

大阪・小走石油、破産申請へ...エコカー普及で売上減少

  • レスポンス
  • 更新日:2018/02/14

東京商工リサーチによると、大阪・堺市でガソリンスタンドなどを経営する小走石油が2月7日、事業を停止し、破産手続きを開始した。負債総額は12億0994万円。

小走石油は元禄年間(1688年~1704年)に具足屋の屋号で貿易ならびに廻船問屋として事業を展開し、植物油の製造販売も手掛けていた老舗企業。現在は石油製品の小売・卸を主力とし、1997年3月、車買取専門店ガリバー堺泉北店をオープン。1999年12月には中古クラブ専門店ゴルフパートナー深井駅前店をオープンし、2001年12月期の売上高は約27億5000万円を計上していた。

しかし、エコカー普及などの影響によりガソリンスタンドの売上高は低下。個人消費の低迷も加わり、中古自動車販売やゴルフクラブ販売も伸び悩んでいた。また、出店資金や運転資金を借入金に依存していたため、業績不振により資金繰りが逼迫。2018年2月に入り臨時休業の貼り紙をして、連絡が取り難い状況が続いていた。そうした中、2月2日の決済資金が確保できず、資金繰りが限界に達したため今回の措置となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
郊外から東京都心まで......閉店ラッシュの「TSUTAYA」、レンタル実店舗に未来はある?
1億円超えか 衝撃的なトヨタの究極ハイブリッドカー
すごいデザインだ...... 光岡自動車から新型オープンカー「ヒミコ」登場、461万円から
アスクルはアマゾンに勝つ...なぜ後発のロハコは成功したのか?
新規免許取得者の半数がAT限定の日本で今「MT車ブーム」が起きている理由を考える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加