【MLB】メジャー新人王14日発表、ジャッジ&ベリンジャーは史上4組目のW満票選出か

【MLB】メジャー新人王14日発表、ジャッジ&ベリンジャーは史上4組目のW満票選出か

  • フルカウント
  • 更新日:2017/11/14
No image

共に新人王獲得が確実視されているヤンキース・ジャッジ(左)とドジャース・ベリンジャー(右)【写真:Getty Images】

ジャッジはメジャー、ベリンジャーはナ・リーグの新人本塁打記録更新

メジャーでは13日(日本時間14日)から各賞の発表が行われる。13日には両リーグ新人王、14日(同15日)には両リーグ最優秀監督賞、15日(同16日)には両リーグのサイ・ヤング賞、そして16日(同17日)には両リーグ最優秀選手賞(MVP)が発表される。

賞レース週間の口火を切る新人王は、ア・リーグはアーロン・ジャッジ外野手(ヤンキース)、ナ・リーグはコーディ・ベリンジャー内野手(ドジャース)の受賞が確実視されており、MLB公式サイトでは特集記事内で「唯一の疑問は、2人揃って満票の栄誉に与るかだ」としている。

記事によれば、ジャッジとベリンジャーはあらゆる面で「稀な組み合わせ」だという。今季52本塁打を放ち、マグワイアの49本を超えて新人最多記録を打ち立てたジャッジに対し、ベリンジャーは4月下旬のデビューながら39本塁打を放ち、ナ・リーグ新人記録を樹立。2人の本塁打合計は91本に達し、これは同期新人王の合計本塁打数として最多を誇る1987年の67本(マグワイア49本、サンティアゴ18本)を大きく上回るという。

また、これまでメジャーでは21選手が満票で新人王を獲得したが、両リーグの新人王が同時に満票選出されたのは、1987年のベニト・サンティアゴ(パドレス)とマーク・マグワイア(アスレチックス)、1993年のマイク・ピアザ(ドジャース)とティム・サーモン(エンゼルス)、1997年のスコット・ローレン(フィリーズ)とノマー・ガルシアパーラ(レッドソックス)のわずか3組だけ。ジャッジ&ベリンジャーが史上4組目の満票コンビとなるかにも期待が掛かる。

ちなみに、これまでの新人王輩出数を球団別に見ると、ドジャースが17人で圧倒的1位。ヤンキースはアスレチックスと並ぶ8人で2位タイとなっているというデータも、2人の受賞を大きく後押しすることになりそうだ。

新人王発表はジャッジとベリンジャーの独壇場になるのか。あるいは他の候補が1位票を奪い、満票選出を阻止するのか。注目の発表は日本時間14日午前8時から始まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新ポスティング制度の交渉期間を24時間延長で合意、MLB選手会が発表
「2060年のモビリティ」デザインチャレンジ、ホンダなど5チームが決勝進出
【MLB】“大本命”ヤンキースが大谷獲得へ資金増、トレードで契約金上限の微増成功
松井氏、日本野手初の米野球殿堂入り候補 09年WシリーズMVP&4年100打点など
【MLB】米殿堂入り有資格者発表、松井秀喜氏、元楽天AJら19人が新たにリスト入り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加