最新ランキングをチェックしよう
肥満治療薬の実現に期待 - 基礎生物研、脳内における肥満を司る機構を発見

肥満治療薬の実現に期待 - 基礎生物研、脳内における肥満を司る機構を発見

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/09/15

基礎生物研究所は9月14日、脳の摂食中枢の神経細胞において高発現している受容体様タンパク質チロシン脱リン酸化酵素(RPTP)の1つである「RPTPJ」が増加すると、脂肪細胞から放出されるホルモン「レプチン」の働きを抑制させ、肥満が進むというメカニズムを明らかにしたと発表した。

今回の成果は、基礎生物学研究所・統合神経生物学研究部門の新谷隆史 准教授、東覚 大学院生、および野田昌晴 教授らと、国立

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
地球の化石や石に残された痕跡から「地球の始まり」の姿や「地球外生命体」に対する新しい考え方がもたらされる
驚くほど地球に似ていた。土星の衛星「タイタン」のマッピング画像
涙の中の長い脂質がドライアイの防止に重要-新たな治療薬に期待
火を使って狩りをする鳥の存在が確認される
これどんなオーパーツ?銅線がぐるぐる巻きになっている石が出土。2万年前に変圧器があったんかい!と騒ぎに(コソボ)

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加