最新ランキングをチェックしよう
肥満治療薬の実現に期待 - 基礎生物研、脳内における肥満を司る機構を発見

肥満治療薬の実現に期待 - 基礎生物研、脳内における肥満を司る機構を発見

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/09/15

基礎生物研究所は9月14日、脳の摂食中枢の神経細胞において高発現している受容体様タンパク質チロシン脱リン酸化酵素(RPTP)の1つである「RPTPJ」が増加すると、脂肪細胞から放出されるホルモン「レプチン」の働きを抑制させ、肥満が進むというメカニズムを明らかにしたと発表した。

今回の成果は、基礎生物学研究所・統合神経生物学研究部門の新谷隆史 准教授、東覚 大学院生、および野田昌晴 教授らと、国立

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「世界初の人体頭部移植に成功」とイタリア人医師が中国で主張、しかし疑念の声は消えず
世界初。リアルタイムでDNAを編集する映像が公開される(米研究)
NASAが描く「火星の緑化計画」 人工磁場で大気を復活
2018年は大地震が多発すると地質学者が警告、その理由とは?
1つのタンパク質が「男性脳」と「女性脳」を切り替えていた - 東北大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加