最新ランキングをチェックしよう
肥満治療薬の実現に期待 - 基礎生物研、脳内における肥満を司る機構を発見

肥満治療薬の実現に期待 - 基礎生物研、脳内における肥満を司る機構を発見

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/09/15

基礎生物研究所は9月14日、脳の摂食中枢の神経細胞において高発現している受容体様タンパク質チロシン脱リン酸化酵素(RPTP)の1つである「RPTPJ」が増加すると、脂肪細胞から放出されるホルモン「レプチン」の働きを抑制させ、肥満が進むというメカニズムを明らかにしたと発表した。

今回の成果は、基礎生物学研究所・統合神経生物学研究部門の新谷隆史 准教授、東覚 大学院生、および野田昌晴 教授らと、国立

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【放送事故伝説】我慢しすぎ! 女子大生の『ガマン番組』で参加者が重症に
日本旅行が大好きな中国人が、日本滞在で唯一「嫌だな」思う点とは?=中国メディア
TBS・宇垣美里アナ「ついにグラビア披露」次は水着も!?
死亡率が3割! 熱中症よりはるかに怖い「夏血栓」はこう防ごう
『この世界の片隅に』セオリー逸脱でドラマ超越の奇跡的傑作...松本穂香、降臨
  • このエントリーをはてなブックマークに追加