シャンシャン、つかまり立ちする姿も 日増しにパンダらしく

シャンシャン、つかまり立ちする姿も 日増しにパンダらしく

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2017/10/11
No image

上野動物園で生まれたジャイアントパンダのシャンシャン。もう少しで立てそうです(公財)東京動物園協会

東京・上野動物園で6月12日に生まれたジャイアントパンダのシャンシャン(メス/120日齢)の14回目の身体測定が10日に行われ、前回の測定時と比べて体重、体長とも増加が認められ、順調に成育していることが確認された。同動物園によると、ハイハイで移動する範囲はさらに広がり、最近では「柵などに前足をかけて二足で立つ姿も時折見られる」という。

【動画】シャンシャン、つかまり立ちの様子も

また、周囲の様子を見るような目の動きから、徐々に見えてきている様子。上下左右の犬歯に加え、前後の臼歯など、他の歯も生えてきて、母親に与えているタケや産室の柵をかむ姿が見られるなど、日増しにパンダらしくなってきているようだ。

シャンシャンの体重は7.7キロ(9月30日計測時6.9キロより約0.8キロ増加)。体長は69.8センチ(9月30日計測時68.0センチより1.8センチ増加)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ママの「いびき」を聞いてしまった赤ちゃん...こんな表情に!(動画)
ちりんちりん「中に入れてちょーだいな!」と呼び鈴を鳴らす猫
「あっ、あぶない!今助けに行くよ!」崖から落ちた子犬を助けようとする猫
犬が飼い主に乗っかって寝るときの3つの心理
自分を犬だと思ってるキツネが、大好きな人に会った時のしぐさが完全にワンコ!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加