ソフトバンク1位吉住「最多勝を目標に頑張る」

ソフトバンク1位吉住「最多勝を目標に頑張る」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/07
No image

ソフトバンク情報 集合写真に納まる吉住晴斗(手前左)ら新入団選手と工藤公康監督(中央)(撮影・栗木一考)=2017年12月7日、福岡市内のホテル

ソフトバンクは7日、福岡市内のホテルで新入団会見を行い、育成選手6人を含む11人の新人選手が各自目標を色紙に書いて、会見に臨んだ。

ドラフト1位指名の吉住晴斗投手(17=鶴岡東)は「最多勝」と書いた色紙を手に「1軍に早く上がって最多勝を目標に頑張りたい」と意気込みを口にした。工藤公康監督(54)は「みんなボクより大きくて体が強いと思う。うちのチームは日本一練習しないと1軍に上がれないほどレベルが高いので、今の素直な気持ちを大事に頑張ってヤフオクドームで活躍してほしい」と楽しみにしていた。

なお背番号は以下の通り。

<1>吉住晴斗投手(17=鶴岡東)=26

<2>高橋礼投手(22=専大)=28

<3>増田珠内野手(18=横浜)=33

<4>椎野新投手(22=国士舘大)=34

<5>田浦文丸投手(18=秀岳館)=56

育成<1>尾形崇斗投手(18=学法石川)=120

育成<2>周東佑京内野手(21=東農大北海道オホーツク)=121

育成<3>砂川リチャード内野手(18=沖縄尚学)=127

育成<4>大竹耕太郎投手(22=早大)=133

育成<5>日暮矢麻人外野手(18=立花学園)=139

育成<6>渡辺雄大投手(26=BC・新潟)=140

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
厳しく鍛えられた“温室育ち” ソフトBの雪ん子ドラ4椎野がこもった場所とは
大谷に沸くディズニーの街アナハイム!経済効果は日米で207億円
もう一度伝説を作れるか 中村&メヒア、西武打線が誇る2人の「キング」
侍・稲葉監督、大谷に太鼓判 「二刀流出来る」「溶け込める」「愛される」
「最強助っ人」バース、殿堂入りか 【二宮清純のスポーツコラム】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加