第一線で活躍する「変わった人」を生む環境とは

第一線で活躍する「変わった人」を生む環境とは

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2017/09/16
No image

文部科学省の有識者会議が「国立大学の附属校の入学者を抽選だけで選ぶ」ように促す報告書を出したことが議論を呼んでいます。「くじ引きだけと言っているわけではない」との意見もありますが、報告書には具体的な選考方法の事例として「無試験で抽選」と明記されており、これが有識者会議の考えということでしょう。

この連載では経済や文化の話を書いていきますが、今回は経済人や文化人になる前に必要な”教育”について触れたいと思います。何を隠そう、私も国立大学(学芸大学)の附属中学・高校の出身ですので、この件を取り上げないわけにいかないのです。

横並びでなく、個性を伸ばす

無試験で抽選とすることで、何が起きるのでしょうか?

自分の出身校に限って言うなら、国立附属校の良さは、入学試験によりある程度学力が平準化され、それら生徒と先生で作り上げた伝統があるからこその、のびのびと、生徒の自主性を伸ばしそうとする校風、そして、学生同士もお互いの考えの違いを認め、そのうえで社会性のある規律は保持する文化であったと思います。

麻布や武蔵といった有名私立校も同じと聞きますが、私の出身校も学校では受験対策はまったくしません。難関校を受験する人は多いですが、それも生徒の自主性で「受験したい人はする」という具合です。

卒業後の進路、活躍の場も様々です。音楽業界であれば、日本人で初めてドイツ宮廷歌手の称号を得たバリトンの小森輝彦さん、オペラの演出家として日本を代表する存在の中村敬一さんを輩出。学者や医者も大勢おり、精神科医の香山リカさんや脳科学者の茂木健一郎さんも卒業生です。経済界では、ことに外資系で成功している人が多いのが特徴です。芸能界ではオリエンタルラジオの中田敦彦さんと平井理央さんは同級生。本当にバラエティ豊かな人材を送り出しているのです。

多くの異才を輩出しているのは、なによりも、各人の考え方は自由であり、尊重するべきだという伝統があったからだと思います。流行りの言い方をすれば、多様性とは何かを理解し、尊重する校風でしょうか。その実現は、基礎をしっかり問い、切磋琢磨できる仲間を選び取る考え抜かれた受験システムがあってのことです。

「そういう教育なら私立でいいじゃないか」という意見を言う人もいます。しかし、高い学費を払わなくても、多様性を理解し、各人の個性を伸ばすことができる環境がなくなってしまうのは、私立の学校に通える裕福な子供だけが伸びていく、いわゆる教育格差を助長してしまうようでさみしく思います。

日本の学校教育はともすると、「みんなと同じ普通のこと」ができる子どもをよしとする傾向があります。しかし、発達の程度やぶっ飛び度合いは子どもによって異なります。私自身の話をすると、公立の小学校では本ばかり読んでいることを先生にも揶揄され、大変窮屈な思いをしていたので、好きなことを考えてのびのびしていられた国立附属の教育は、とてもありがたいものでした。

中学の先生は、研究室にある本を「自由に読んでいいよ」と解放してくれ、おかげで世界と日本の文学全集を読むことができました。高校時代はオペラばっかりやっていました。そのため中学も高校も、算数や英語は追試の常連で落第寸前……。親はずいぶん心配したようですが、「みんな3年生になれば自分で考え始めます」と先生は自信を持って説得してくれました。過去に同じような生徒たくさん見てきた先生や学校の経験から、この生徒は大丈夫、という判断基準があったらでしょう。

一般的に見れば、相当変な生徒だったと思います。しかし、先日も前出の小森輝彦さんと語りあったのですが、「みんな変だったから、自分がおかしいと思ったことはなかった」のです。

第一線で活躍する人に共通する経験

先日、ニコニコ動画で、3人の変人が語る「変人論」という番組の司会を務めさせていただきました。変人と言っても、この番組での定義は、「自分らしさを活かし、伸ばしたことで成功をおさめている人」。つまり、誰もがなれる存在なのですが、それを伸ばしてきた人とって意外と少ないですよね。

出演者の3人はまず、慶応藤沢キャンパス創設当時からの人気教授で、環境情報学部の学部長を務められていた同大名誉教授の熊坂賢次先生。続いて、起業と売却を経験したのち、シンガポールから日本に投資を行っているエンジェル投資家の加藤順彦さん。そして、ピザーラやメルカリ、東急リバブルのCMを手掛けている売れっ子広告クリエイターの松尾卓哉さん。そう、豪華な変人メンバーだったのです。

No image

(写真左から)松尾卓哉さん、加藤順彦さん、熊坂賢次さん、筆者

3人の共通点は、20代の前半までに、自分が変人だと感じなくてもよい環境で過ごしていた、もしくは、変人をより強化する環境で過ごす時代があったということです。変わり者が集まると、変わっているほうが普通で、逆に普通の人がおかしく思えてくる、と。

加藤さんは大学時代に学生起業をしている集団に巻き込まれ、サークル活動のように自動車の合宿免許の会社を運営。その頃のメンバーはみな「起業しないで就職するなんておかしい」という考えで、加藤さん自身、起業したから今の自分があると言います。

松尾さんは電通のクリエーティブからキャリアをスタート。私もかつて働いていましたが、当時(90年代半ば)のクリエーティブは本当に才能の集団でした。みなさんとんでもなくぶっ飛んでいて、夜中に来て朝に帰る人、毎日タンクトップで出社する人、ローラーブレードで社内を滑っている人など、駆け出しのマーケティング・プランナーだった私は驚きの連続。松尾さんはそんな環境にどっぷり身を沈めておられたわけです。

熊坂先生はタモリさんと同級生の麻雀仲間。「彼の若き日の芸『4カ国語麻雀』は、徹マンをしたときによく練習していたもの。本当は、もっと面白い芸だったよ」と言います。もっとも、タモリさんは仲間の中でも一番の変人だったそうですが、とにかく周りもバンカラで「大学を4年で出るのはカッコ悪かったのに自分は卒業してしまったから、進学するしかなかった」と言います。

つまるところ、自分が社会人としてのアイデンティティを作る最も大事な時期に、周りに変わった仲間がいて、「自分は普通だな」と思える環境にいたこと。多様な価値観を受け入れてくれる場所で自分らしくいられたことが、その後の活躍のきっかけになった、と3人は口を揃えます。

しかし、3人の「変人」であることへの肯定感には賛同するものの、「自分らしくいられる仲間や環境に出会えるまで強く自分を持って頑張ってほしい」「強くいないと、”変”が削り取られてしまう」という考えには違和感を感じました。

多様性への理解を養える教育

二十歳前後まで強くいなくては自分の「変」が生きる集団に出会いにくいのか? 自分の経験ではそれが中高生時代に実現されていただけに、改めて国立附属の教育は第一線で活躍する人材を生み出せる場所なのではと思ったのです。

日本の中だけで生きられるなら「みんなと同じ普通のこと」ができればいいかもしれませんが、これからは世界との関わりが増えていく時代。世界の価値観は驚くほど多様で、日本から見たら「変」なことだらけです。その多様な世界で生きるうえで、許されないことは何なのか。多様性を理解する力がないと、それを見極めることは難しいです。

最近では、多様性への理解を養える場所を求めて、子どもをインターナショナルスクールに通わせたり、家族で移住をする人も増えています。例えばシンガポールの小学校では、文化によって正義感が違うこと、その違いに優劣はないことを心で理解させる教育を行っていると聞きました。いろいろな国の人が集まっているため、各家庭で何をしたら褒められるか、怒られるかという話をするだけでもかなりの事例が集まり、すぐに価値観の多様性を実感できるのだそうです。

ただ、日本にいても、小学生の頃からシンガポールに移住しなくても、高い学費を出して私立校に行かなくても、頑張って自分らしさを守ろうとしなくても、私のいた環境では、多様性を理解することができました。出身校の卒業生に、外資系の企業で活躍するいわゆるエリートが多いのは、この教育環境によるところも大きいのではと思います。

だからこそ、この環境を壊しかねない「国立大学の附属校の入学者を抽選だけで選ぶ」提言には疑問を感じ、慎重に考えていただきたいと願うばかりです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
外国人「日本の電車でこれを目撃して衝撃を受けた...」海外ではありえない状況
怖すぎる!16キロ走行した車の下から「体毛の焦げた臭い」恐る恐る見てみると・・・
使うのは両手だけ...「耳鳴り」をその場で治すテクニックが見つかる
知ってた!?「九九の9の段」に隠された驚くべき秘密
Eカップ以上しかやってこない! 巨乳のためのブランド店がオープン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加