業界最軽量クラス 約1.2キロのスリムなスティッククリーナー

業界最軽量クラス 約1.2キロのスリムなスティッククリーナー

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/10/12

日用品および生活家電などを手がけるアイリスオーヤマ(仙台市)は、「極細軽量スティッククリーナー KIC-SLDC4-R」を、2017年10月12日に全国の家電量販店などで発売する。

No image

吸引力は従来比約30%向上

本体のスリム化や内部構造の見直しにより、業界最軽量クラスだという本体重量約1.2キロを実現したほか、リビングにも設置しやすいスリム設計を施すなど使いやすさを追求。

モーターの見直しにより、従来モデルと比べ吸引力を約30%向上したほか、約2センチ幅広のヘッドを新開発し、より効率的な掃除が可能。ヘッド内部に回転する気流を発生させ、ホコリをかき上げて吸引する「サイクロンストリームヘッド」を採用し、ダストピックアップ率99%を実現した。

「ほこり感知センサー」を搭載し、吸い込んだゴミが多いときは「赤」、少ないときは「緑」に点灯し、掃除の効果を視覚的に実感できる。ゴミ捨てが容易なダストパック方式を採用。設置場所に応じて、付属のスタンドと壁置きパーツを選択可能だ。

リチウムイオン2次電池を内蔵し、使用時間は標準モードで約20分、ターボモードで約9分、自動モードは約30分。充電アダプター、コードフック、使い捨てダストパック×25枚、予備接着シート×2枚などが付属する。

参考価格は2万4800円。<J-CASTトレンド>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドコモ、新たに長期利用者の優遇を強化する方針~18年5月以降
西室泰三氏死去=日本郵政、東芝社長を歴任
西室泰三氏が死去、東芝・日本郵政社長を歴任
乗り出し200万円以下。軽自動車キャンピングカーキットが2017年グッドデザイン賞を受賞
三菱自動車 益子CEO「新型車を成功させないことには中期経営計画は成立しない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加