最新ランキングをチェックしよう
熊本「井戸水のヘリウム量が変化していた!」地震予知へ役立つ可能性

熊本「井戸水のヘリウム量が変化していた!」地震予知へ役立つ可能性

  • ハザードラボ
  • 更新日:2016/12/01

東大や京大などの研究チームは、熊本地震の震源近くで井戸水を採取した(東京大学大気海洋研究所)今年4月の熊本地震で、震源に近い断層の地下水に含まれるヘリウム量が、発生の前後で変化していた事実を、東京大学や京都大学などの合同チームが突き止めた。地下水の観測が、地震予知研究に結びつく可能性があるとして期待が寄せられている。この研究は、東大・大気海洋研究所の佐野有司教授と京大や熊本大、東北大などの共同チー

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
核融合発電の最大の障壁「ヘリウムバブルによる金属脆化」を解決する構造が初めて発見される
インクジェットプリンターから超薄型バイオ太陽電池を製作することに成功
ホンモノ?ニセモノ?日本発の「量子コンピューター」めぐり疑問噴出
【ガチ】自分のDNAをハックして編集する「バイオハッカー」が出現、激ヤバ人体実験をライブ中継! 10秒で“遺伝子と人生”を変える瞬間
精子と卵子の受精は無作為に行われているのではない可能性を示す研究が登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加