西武炭谷が適時二塁打「先制点が取れて良かった」

西武炭谷が適時二塁打「先制点が取れて良かった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

2回表西武1死三塁、炭谷は先制の左適時二塁打を放つ(撮影・小沢裕)

<ロッテ3-6西武>◇13日◇ZOZOマリン

西武炭谷銀仁朗捕手(30)が先制打を放った。

2回1死三塁から、144キロ直球を左中間に運ぶ適時二塁打。

外崎の好走塁による三塁打をしっかり得点につなげ、「先制点が取れて良かったです」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
23日の予告先発 ホークス石川VS西武岡本、楽天美馬は初2桁勝利にを王手
東海大菅生、九回執念の同点劇実らず...元中日の若林監督、雪辱誓う
阪神投手陣非常事態...ドリスが体調不良で欠場、緊急降板の小野は抹消も
オリックス・西が打球を受けて交代 二回からは金田がマウンドへ
藤井四段、最大派閥への連勝「7」に フィーバー再燃の予感
  • このエントリーをはてなブックマークに追加