VW、電動化/自動運転/コネクトカー戦略を拡大...商用車にも

VW、電動化/自動運転/コネクトカー戦略を拡大...商用車にも

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/13

フォルクスワーゲングループは10月11日、トラックやバスを含めた商用車にも、電動化や自動運転、コネクトカー戦略を拡大すると発表した。

フォルクスワーゲングループはこれまで、乗用車で電動化や自動運転、コネクトカー戦略を進めてきた。今回はこの戦略を広げ、商用車の分野にも適用していく。

具体的には、電動化戦略として2017年末までに、主力商用車『クラフター』のEV、『eクラフター』を投入。2022年には、EVコンセプトカーの『I.D. BUZZ』の市販版として、商用モデルも設定する計画。

自動運転の戦略としては、傘下のMANとスカニアが実証実験を進めている隊列走行の実用化を目指す。レベル5の完全自動運転車の商用車での実現も、視野に入れている。

コネクトカー戦略では、車両追跡、ドライバー通信、運転および効率分析、デジタル保守管理、デジタルタコグラフデータなどのサービスを提供していく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マンションバブル崩壊、戸建て価格暴落の不気味な予兆
データ改ざんで揺れる神戸製鋼「解体論」の現実味
客にも従業員にも愛される日本一のホテル
没落する日本の家電業界で、ツインバード工業がV字回復できたワケ
トヨタの次世代タクシー「JPN TAXI」が発売 街に調和するニッポンの藍色ボディカラーが美しい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加