最新ランキングをチェックしよう
織田裕二の“右京みたいな話し方”が気になってドラマの内容が頭に入ってこない?

織田裕二の“右京みたいな話し方”が気になってドラマの内容が頭に入ってこない?

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2016/10/20

 10月17日、前日16日夜9時スタートのドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系)の初回視聴率が13.1%だったことがわかった。 織田裕二の久しぶりの連ドラ出演、しかも過去に高視聴率を獲得した「半沢直樹」や「下町ロケット」と同じ「日曜劇場」とあって期待されていたのだが、決して好スタートとは言えない船出となった。「原因の1つは主役のIQ246を持つ天才、法門寺沙羅駆(ほうもんじ・しゃらく)

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“キムタク演技”から脱却できない木村拓哉を草なぎ剛が突き放す
木村拓哉、ドラマへの入れ込みぶりで思い出す、有吉弘行がつけたあの「あだ名」
イルカの45周年を小田和正、南こうせつ、松山千春らが祝福!
いい動きしてるゾンビを選ぶ、米ドラマ「ウォーキング・デッド」のオーディション風景
キムタク新ドラマに酷評続出...「『ドクターX』のパクリ」「キムタク推し満載が意味不明」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加