出雲駅伝初優勝 国学院大が報告会 浦野2冠へ闘志

出雲駅伝初優勝 国学院大が報告会 浦野2冠へ闘志

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/10/20

出雲駅伝で初優勝を飾った国学院大が19日、渋谷キャンパスで優勝報告会を行った。エース浦野雄平(4年)は「100%の役割を果たせたわけではなかったので、エースとして引っ張っていけるように精進したい」と来月3日の全日本大学駅伝へ意気込んだ。

No image

出雲駅伝の優勝報告会に出席した浦野(左から3人目)ら国学院大の選手たち

出雲では最終6区で逆転した土方英和主将(4年)に話題をさらわれただけに「順位を押し上げるのが役割なので全日本は優勝争いしたい」と伊勢路での2冠達成でエースの意地を見せる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
白樺学園高等学校(北海道・北海道地区代表)「全道を制覇した強力打線で全国に挑む!」
PL学園・桑田OB会長、清原氏にラブコール「キヨと一緒にプレーできれば」 マスターズ甲子園
大阪府立大が1部昇格に王手 先発・丹羽は6回2失点 連投の可能性も「連勝で昇格を決めたい」
センバツで投球制限導入!? 1週間で500球以内の骨子発表。センバツ出場校選出にも影響はあるのか
中京大中京高等学校(愛知・東海地区代表)「攻守に高いレベルでまとまり示し、前評判通りに東海大会を制す」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加