Windows 10「シャットダウンに時間がかかる」問題を解決する方法

Windows 10「シャットダウンに時間がかかる」問題を解決する方法

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2019/07/11

先ごろWindows 10 Version 1809に、トラブルシューティングや問題解決のための自動ツールが新しく追加されました。しかし同時に、結構な数のバグも発生してしまいました。

最新の(そして、よりいっそうイライラさせられる)奇行のひとつが、「PCのシャットダウンやスリープにやたらと時間がかかる」問題です。

バグの原因

このバグの原因は、USB Type-Cデバイスのすべての接続を処理する「Type-C Connector System Software Interface(USCI)」です。

Windows 10 version 1809のUSCIの場合、PCのシャットダウン時、あるいはスリープモード突入時には、接続切断の処理に最長で60秒ほど余分に時間がかかるようです。

たしかにイライラさせられますが、デメリットといえば、少し余分に待たされることぐらいです。シャットダウンやスリープに時間がかかるからといって、USBデバイスに不具合が生じることはないようです。

ノロノロを回避する方法

Microsoftはこのバグの存在を認めていますが、それを修正するためのアップデートやホットフィックスをまだリリースしていません。

ですが、このノロノロを回避するための簡単な方法があります。PCをシャットダウンする、あるいはスリープモードにする前に、USB Type-Cデバイスを切断するのです。

USB Type-Cがどのようなものなのかよくわからないという方は、ケーブルに下の画像のようなコネクターが1つ(あるいは複数)ついているかどうかを確認してみてください。

No image

Image:Amazon

USB Type-Cデバイスには、例えばこのようなものがあります。

最近発売されたAndroidスマホやタブレット、ノートパソコン。Google Pixel全機種、 Chromebook Pixelなど

Nintendo Switch

最近発売されたMacBookファミリー

一部の外付けHDDやSSD

ほとんどのUSB Type-Cデバイスは、単に充電するためにPCに接続されます。その場合は、取り外しても何ら問題はないでしょう。

一部のデバイス(Android端末や外付けドライブなど)については、PCとデータや映像・音声などをやりとりしている場合もあります。なので、今、何か重要な作業を行なっていないことを確かめてから、接続を切断するようにしましょう。

簡単なことですが、何らかの理由で急いでPCをシャットダウンしなければならない時には、つい忘れてしまいがちです(忘れてしまった時は、腹をくくって60秒余分に待ちましょう)。

あわせて読みたい

素晴らしいセキュリティ機能が…!Windows10 May 2019 Updateの主な新機能

Windows 10の新機能、ついにやってくれました

「容量不足」の原因を特定・解消する方法|Windows

Image: Brendan Hesse

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
携帯電話会社はどうやってテザリングによる通信を制限しているのか?
唯一無二の存在、世界初リボン型イヤースピーカー「SR1a」がクラファンに登場
スマホのバッテリー持ちが悪い「究極的な原因」
Apple創業者のスティーブ・ウォズニアックが「人々はFacebookから離れるべき」と警告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加