湯浅政明監督、シロを主人公に アニメ『クレヨンしんちゃん』スピンオフ

湯浅政明監督、シロを主人公に アニメ『クレヨンしんちゃん』スピンオフ

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2019/02/12
No image

アニメ『クレヨンしんちゃん』から生まれた“シロ”の新たな物語『SUPER SHIRO』2019年、世界へ(C)臼井儀人/SUPER SHIRO製作委員会

1992年からテレビ朝日系で放送中のアニメ『クレヨンしんちゃん』(毎週金曜 後7:30)。28年にわたり子どもたちに愛され続け、子どもの頃に『しんちゃん』を見ていた大人世代まで、幅広い層に認知される“国民的アニメ”に成長した。毎年公開される『映画クレヨンしんちゃん』シリーズも、邦画興行収入ランキングベスト10に名を連ねる、GWに欠かせない人気作になっている。

【動画】新作映画は新婚旅行がテーマ『映画 クレヨンしんちゃん』予告編

そんな『クレヨンしんちゃん』から、人気キャラクターのシロを主人公にした新作アニメ『SUPER SHIRO』の制作が決定。テレビ朝日が開局60周年を迎える2019年、この作品で世界を目指す。

総監督には、湯浅政明氏を招へい。『第41回日本アカデミー賞』最優秀アニメーション作品賞を受賞した『夜は短し歩けよ乙女』(17年)、『アヌシー国際アニメーション映画祭』クリスタル賞・受賞『夜明け告げるルーのうた』(17年)、世界一斉配信で話題となった『DEVILMAN crybaby』(18年)と国内外で高い評価を受け、いま最も注目されているアニメーション監督の一人だ。今年、最新作『きみと、波にのれたら』(6月21日公開)も控えている。

湯浅総監督は、『クレヨンしんちゃん』テレビ&映画シリーズの初期から携わり、作品を支えてきたスタッフの一人でもある。今回『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』以来、4年ぶりの『クレヨンしんちゃん』の世界で新たな物語を描いていく。

それは、ごく普通の野原一家に極々普通に飼われている、その名も極々普通なシロといい、どこにでもいる極々極々普通の犬が、実は世界の平和を守るスーパーヒーローだった…、という物語。

シロの飼い主でもある野原しんのすけ(5)は、「オラ、なんにもきいてないゾ~」と、コメントを寄せている。

■公式ホームページ
shinchan-app.jp/super-shiro/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中国初のSF大作映画『流浪地球(さまよえる地球)』が公開! 国外メディアからの意外な反応=中国メディア
「ベルリン・天使の詩」ブルーノ・ガンツさん死去
【まとめ】エマ・ストーンにレディー・ガガも!リアリティショーからアカデミー賞まで上り詰めた人々<前編>
「7SEEDS」浅野まゆみ、三宅健太、加隈亜衣らが秋のチームのキャストに
「劇場版シティーハンター <新宿プライベート ・アイズ>」興行収入4億5159万円を記録!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加