スー・チー国家顧問 ロヒンギャ解決の新組織設立へ

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/13

ミャンマーのイスラム教徒「ロヒンギャ」が難民となっている問題で、アウン・サン・スー・チー国家顧問は問題解決のため、自身をトップとする新組織を立ち上げることを発表しました。

スー・チー氏は12日夜、テレビ演説を行い、組織の新設について発表しました。新組織のトップにはスー・チー氏自身が就き、来週立ち上げる予定で、バングラデシュで難民となっているロヒンギャの受け入れや人道支援などにあたるとしています。8月に起きたミャンマーの治安部隊とロヒンギャの武装勢力の衝突以来、バングラデシュに逃れた難民は現地メディアによりますと、50万人に上るということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アメリカでは女性が馬に乗って本を届ける時代があった。女性図書館員「ブックウーマン」(1940年前後)【トリビア】
世界はなぜ、軍事力と恫喝が幅を利かせる時代に入ったか
“獣姦専門の売春宿”に動物愛護団体が激怒
EU崩壊の引き金か? カタルーニャに続き独立しかねぬ「ある地域」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加