ソフトB山田はヤクルトに 「強いホークスでやれた事を誇りに」

ソフトB山田はヤクルトに 「強いホークスでやれた事を誇りに」

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/11/12

ソフトバンクの山田大樹投手(29)が11日、無償トレードでヤクルトに移籍することが決まった。両球団が発表した。山田はホークス球団を通じ「ホークスでの11年間は、僕の人生を大きく変えてくれました。育成から支配下へと上がり、ヤフオクドームで投げた初登板とお立ち台の情景は今でも鮮明に覚えています。福岡で沢山のファンの皆さまに応援していただいたこと本当に感謝しています。この強いホークスでやれた事を誇りに、行ってきます!」とコメントした。

山田は茨城・つくば秀英高から育成1位で2007年入団。10年に支配下選手登録されると、11年にはパ・リーグの育成出身投手で初めて日本シリーズで白星を挙げるなど、先発ローテの一角を担った。今季2軍ではウエスタン・リーグ最多の10勝、同2位の防御率2・35をマークしながら、若手の台頭もあって来季構想から外れていた。1軍通算成績は70試合で24勝26敗、防御率3・42。

=2017/11/12付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテ ドラ6永野が入団「昨日入籍しました」妻は4月に出産予定
巨人・宇佐見が“名捕手の番号”継承へ...
43歳草なぎ剛、スポーツ能力測定で22歳を上回る
早すぎたトライアウト。「高卒プロ入り→戦力外」の道に後悔はあるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加