原発事故で栃木県内保管の指定廃棄物が半減

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/17

福島第一原発の事故で出た指定廃棄物のうち、栃木県内のものが半減していたことが国の調査で分かった。しかし10年後にも相当量が残るとして、国は県内での最終処分場の必要性を改めて強調した。

これは17日に環境省が栃木県の市長・町長が集まる会議で報告したもの。県内で分散保管してきた指定廃棄物約1万3500トンに対して、環境省が今年6月から放射性物質の濃度を再測定したところ、1キロあたり8000ベクレルの基準値を上回ったものは6000トン前後で、放射性物質の自然崩壊によってほぼ半減していたという。

ただ10年後でも3000トン前後が残ると推定していて、県内の指定廃棄物を集める最終処分場の必要性が再確認されたとしている。

環境省は県内の塩谷町をその候補地に選んでいるが、塩谷町は受け入れに強く反対している。量が半減したとはいえ、指定廃棄物の最終的な処分の見通しは依然として立っていない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
南太平洋でM7.8の地震 日本への被害の心配なし
ソロモン諸島でM8.0の地震
ウェザーニュース
雅子さま53歳に 陛下のお気持ち「厳粛な思い」
“仮面ライダー”松田悟志、お手柄!妻盗撮男を現行犯逮捕
三反園・鹿児島知事判断示さぬまま 川内1号機運転再開 反原発派「言い訳ばかり」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加