【報ステ】ヘリに放射性物質か 環境調査を申し入れ

【報ステ】ヘリに放射性物質か 環境調査を申し入れ

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/14
No image

動画を見る(元記事へ)

沖縄県東村高江にアメリカ軍の大型輸送ヘリコプター『CH53』が不時着・炎上した事故をめぐり、小野寺防衛大臣は13日、ヘリに放射性物質が使われている可能性があることを明らかにした。小野寺大臣は「(2004年の)沖縄国際大学での事故の時に、同型の『CH53』に放射性ストロンチウムがローター部分に使われていた事案もあったので、シュローティ副司令官との会談で、放射性物質を含む環境調査を徹底してほしいことを申し入れた」と述べた。ストロンチウムは、ベータ線を放出する物質だ。原子力規制委員会の審議会・勝田忠広氏は「外から付着する場合は、危険性はない。しかし、体内に取り込んでしまうと、カルシウムとして勘違いされ、骨の中に入ると、内部被ばくして、ベータ線を浴び続ける危険性がある」と指摘する。今回、炎上したヘリに、ストロンチウムを使った装置が付けられていたのかは明らかにされていない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東京タワーの下で「スミマセ〜ン」振り向いたら丸出しの外国人 港区
清水良太郎容疑者を通報した風俗嬢が“キメセク強要”を告白
「大便騒動」新宿駅に続き秋葉原駅でも  利用客が目撃した「衝撃の場面」とは
鴨川シーワールドホテル 宿泊客58人が食中毒
立憲民主党の軍師は誰だったのか?選挙後の朝日新聞の暴露記事に期待
  • このエントリーをはてなブックマークに追加