【各国比較】最低賃金だとiPhone Xを入手するのに何日働く必要がある?

【各国比較】最低賃金だとiPhone Xを入手するのに何日働く必要がある?

  • iPhone Mania
  • 更新日:2017/09/17
No image

iPhone Xは112,800円、iPhone8 Plusは89,800円、iPhone8は78,800円です。日本人にとっては決して手の出せない価格ではありませんが、それでも買うことに二の足を踏んでしまうユーザーは多いでしょう。日本人でもこんな調子なのだから、新興国では一体どうなってしまうのか――ある国にて最低賃金で働いた場合、その国でiPhoneを買うのに何日働かなければいけないかを教えてくれるサイトが注目を集めています。

日本は152時間だが、インドでは3,330時間!

サイトの名称は「The real cost of an iPhone(iPhoneにかかる本当のコスト)」。iPhone SEからiPhone Xに至るまで、今市場に出回っているiPhoneを手に入れるには、それぞれ総計で何時間の労働を最低賃金で要求するのか、律儀に8時間労働を行った場合、入手までに何日かかるのかを教えてくれます(価格はドル建て)。

例えば日本の場合、iPhone Xを手に入れるのに必要な労働時間は152時間です。1時間あたりの最低賃金が約6.57ドル(約723円)で計算されていることが分かります。8時間労働を遵守した場合は、入手までに19日を要します。

No image

これがアメリカになると、iPhone Xを入手するまでにかかる時間は137時間、8時間労働下で17.2日と、日本よりも少ない労働時間で済みます。

No image

一方で、新興国はどうでしょう。

中国をみてみると、必要な労働時間は1,148時間にまで跳ね上がります(8時間労働で143.5日)。実に日本で必要な約7.6倍の時間を、iPhone Xに捧げる羽目になります。

No image

ただし、中国は恵まれている方かも知れません。

これがインドになると、必要な時間は3,330時間。8時間労働で416.3日と、休みなく1年以上身を粉にして働かなければ入手できません。ちなみにiPhone SEであれば、必要な日数は8時間労働ベースで145.4日まで減少します。これなら、まだ手の届く「現実的」な価格でしょう。iPhone SEがインドで組み立てられ、iOS製品の主力端末として同国で売られているのも頷けるというものです。

No image

これらの計算はアメリカでの価格が基準なので、現地でのiPhone Xの価格が日本やアメリカよりもずっと高い中国(約14万円)やインド(約15万円)は、実際には入手までにもっと労働日数が必要となります。しかし、iPhoneを目安として、各国の購買力を実感してみるというのも、ビッグマックよりもiPhone購入の列が長い時代にあっては、悪くはないでしょう。

Source:The real cost of iPhone

(kihachi)

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」

iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページ

iPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板

iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あっという間にAndroidが「iPhone X」になるアプリ
Apple Watch Series 3 ゴールド開封レビュー! Series 1との違いは?
iPhoneの写真&ビデオのサイズが半分で済むってホント?容量逼迫している人に朗報
iPhone 8 Plusをバラバラ分解、背面のガラスパネルは一度割れると交換も困難
米国よりシェア率高い日本 なぜ、iPhone好きなのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加