アーセナル、EL初戦でハプニング。キックオフが1時間遅れた原因は...

アーセナル、EL初戦でハプニング。キックオフが1時間遅れた原因は...

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/09/15
No image

大挙して押し寄せたサポーター【写真:Getty Images】

現地時間14日にヨーロッパリーグ(EL)グループステージ初戦の試合が行われ、ケルンはアーセナルと対戦し1-3の敗戦を喫した。この試合前、観客トラブルによりキックオフが1時間遅れるハプニングが起きていた。14日に英メディア『BBC』が報じている。

同メディアによると、2900枚しか割り当てられていないケルン側のチケットを求めて約2万人のケルンファンがロンドンに集結したとのこと。警備員との衝突が起きたことで5人が逮捕されている。安全面を考慮して試合時間が遅れることになったようだ。

試合は11分、ジョン・コルドバが得点しケルンが先制。しかし49分、セアド・コラシナツにゴールを決められ同点に追いつかれてしまう。続く67分にはサンチェスが得点しアーセナルは逆転に成功。さらに82分、エクトル・ベジェリンにも追加点を許し点差が開いた。

結局、ケルンの得点は1点だけにとどまり1-3の敗戦を喫している。この試合で日本代表FW大迫勇也はベンチ入り。76分にルーカス・クリュンターとの交代で途中出場を果たしELデビューを飾った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
メッシ徹底マーク 会話明かす
ネイマール欠場のPSG、今季初の無得点で公式戦の連勝記録「7」でストップ
「信じられないが事実だ」。本田を観戦に訪れた日本人ファンの行動にメキシコが驚嘆
気になるのは「やっぱりエスパルス」...順天堂大DF村松航太、プロ入り目指しボランチ挑戦も
メッシ、マークについた若手DFの健闘称える。「マンCから来たの? 何歳?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加