ヤクルト宮本ヘッド、新背番「86」で再建 現役時代の「6」は選手のために

ヤクルト宮本ヘッド、新背番「86」で再建 現役時代の「6」は選手のために

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/12

ヤクルトの来季のヘッドコーチを務める宮本慎也氏(46)の背番号が「86」に決まった。「知り合いの方にも(現役時代の)6は入れておいた方がいいと言われた」と首脳陣が背負う80番代に、現役時代の「6」を入れる形で落ち着いた。この日は神宮クラブハウスでユニホームの採寸などを行った。

No image

現役時代は背番号「6」を背負った宮本慎也氏=2013年10月の引退試合で

最近では巨人・高橋監督、阪神・金本監督のように現役時代の背番号を続ける形もあり、球団からも「6」の提案もあったが「それは(選手のために)空けておいてください」と配慮。5年ぶりの古巣復帰は、新背番号で指導にあたる。

ユニホームを着た指導は、来月初旬からの松山で行われる秋季キャンプからの見込み。「まずは選手を見てから。直した方がいいところがあれば、すぐに言うよ」と熱を込めた。(川手 達矢)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清宮は行くな!? 巨人&阪神「お先真っ暗」内部事情
巨人が村田のクビを決断! 今オフのFA選手が「巨人NG」を選択
“外れ外れ1位左腕”が躍進、高卒右腕は連敗ストッパーに...各球団ドラ1の成績は?
プロ野球2017覆面「ミサイル座談会」(3)メジャースカウトが札幌に来る大谷以外の理由
DeNA・筒香、抜かりなし!大一番に悲壮決意「思いを背負って戦いたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加