火山性地震が一時的に急増した白山 気象庁が見解しめす

火山性地震が一時的に急増した白山 気象庁が見解しめす

  • ハザードラボ
  • 更新日:2017/12/06
No image

11月29日に火山性地震が急増した白山(気象庁)

石川県と岐阜県にまたがる白山では先月29日、火山性地震の発生回数が300回を超えて急増したが、その夜以降は減少しており、気象庁は6日、「現時点で活発化するようすはない」と発表した。

白山では先月29日午前3時ごろから、山頂の御前峰(ごぜんがみね)付近直下を震源とする火山性地震が急増し、この日だけで370回の地震が観測された。

しかし、その夜以降は減少し、30日からきょう午後3時までの1週間で発生した火山性地震の合計は39回にとどまっている。山頂付近は厚い雲に覆われていることが多いが、監視カメラの画像では噴気は見えず、低周波地震や火山性微動も観測されていないという。

■国内の火山の最新情報は、ハザードラボ「火山マップ」でご確認ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ふるさと納税」よくある9つの誤解 納税分は年末調整される? 返礼品に税金は?
対立は悪じゃない、無理に仲良くしなくたっていい 公立中学が挑む教育改革(2)千代田区立麹町中学校・工藤勇一校長インタビュー
ショック!あの元アイドルが「大人の男性向け派遣サービス店」で窃盗していた
警察に捕まる人が続出?韓国人が日本の道路で困惑するもの=韓国ネット「地獄のよう」「見た瞬間、怒りが...」
男性を監禁・暴行・殺害、無理やり糞尿飲ませる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加