久保建英が加入したマジョルカってどんなクラブ? 20年前には欧州の舞台で準優勝に輝く

久保建英が加入したマジョルカってどんなクラブ? 20年前には欧州の舞台で準優勝に輝く

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/08/23
No image

2000年代前半にマジョルカで大活躍したエトー。当初は久保と同様にマドリーからのレンタルだった。(C)Getty Images

No image

マジョルカへのレンタル移籍が決定した久保。右は元テニス選手のアンディー・コールバーグ会長。(C)Getty Images

現地時間8月22日、レアル・マドリーの久保建英がラ・リーガ1部のマジョルカにレンタル移籍することが発表された。ローン期間は2020年6月までの1年間となっている。

今夏にFC東京からマドリーに移籍した18歳の日本代表FWは、カスティージャ(Bチーム)でのプレーが濃厚視されていた。だが、トップチームのプレシーズンキャンプに帯同し、テストマッチでも好プレーを披露。マジョルカのほかにも、バジャドリーなどからレンタルのオファーが舞い込み、1部でのプレーを選択することになった。

では、久保がプレーすることになったマジョルカとはどんなクラブなのか?

バレアレス諸島のひとつ、マジョルカ島最大の都市パルマ・デ・マジョルカに本拠地を置くマジョルカが創設されたのは1916年。100年以上の歴史を誇る伝統のあるクラブだが、初めて1部に昇格したのは1960‐61シーズンとだいぶ後になってからだ。

その後も1部と2部を行ったり来たりし、70年代には2部B(実質3部)や3部(実質4部)に低迷。再び息を吹き返したのは80年代に入ってからだった。
97‐98シーズンからは16シーズン連続でトップリーグに在籍。その間、リーグ戦では3位と5位が二度ずつあり、2002-03シーズンには、カメルーン代表FWサミュエル・エトーを牽引車にコパ・デル・レイで初優勝。欧州の舞台でも、智将エクトル・クーペルが指揮を執った98‐99シーズンに、決勝でラツィオに敗れたとはいえ、カップウィナーズ・カップで準優勝に輝くなど、この頃はまさに黄金期だった。

だが、2000年代後半から深刻な財政難に陥り、10年はクラブが破産。マジョルカ島出身で叔父のミゲル・アンヘル・ナダルがクラブのレジェンドでもある、プロテニス選手のラファエル・ナダルなどが尽力し、なんとか1部に留まっていたが、13-14シーズンに2部に降格。16-17シーズンには2部Bに落ちるなど、どん底を味わった。

しかし、16年1月にNBAのフェニックス・サンズのオーナーでもあるロバート・サーバー氏と、元サンズの選手でサッカーフリークとしても知られるスティーブ・ナッシュ氏にクラブが買収されると事態は好転。17年夏に就任したビセンテ・モレーノ監督の下で2部昇格を果たすと、続く18-19シーズンにセグンダで5位となり、昇格プレーオフを勝ち抜いて、「2年連続の昇格」で、7シーズンぶりに1部に帰ってきたのだった。
このマジョルカでは、スペイン代表をEURO2008優勝に導いたルイス・アラゴネスや、今年4月までサガン鳥栖で采配を振るったルイス・カレーラスも監督を務めた。

また、前述したナダルやエトーのほか、ともに元アルゼンチン代表の守護神だったカルロス・ロアやレオ・フランコ、元スペイン代表MFファン・カルロス・バレロン、元アルゼンチン代表MFアリエル・イバガサ、元スペイン代表FWダニエル・グイサ、元ベネズエラ代表MFファン・アランゴなどの名手がプレー。現在マドリーのマルコ・アセンシオもこのクラブの出身だ。

日本のファンには、大久保嘉人(現ジュビロ磐田)や家長昭博(現川崎フロンターレ)が在籍したことでも知られている。

クラブ史上3人目の日本人選手として、赤と黒のユニホームを纏うことになった久保が、この伝統あるマジョルカどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。大いに注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「カルチャーショック」 強烈弾のハーツFW食野に現地メディア驚愕「創造的な突破口」
中村俊輔に憧れたアーセナルDF、いじめでユニホームを燃やされた少年にサプライズ!
バルサ、グリーズマン獲得における不正で無観客試合か?
「みっともない」「アジア人でよかった」ポルト指揮官の中島翔哉への“ぶちギレ”シーンが波紋!会見では厳しい言葉を...
シティ、修復にはカンセロが必要か!?

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加