リアム・ギャラガー、新曲は「これまで怒らせた人たちへの謝罪ソング」

リアム・ギャラガー、新曲は「これまで怒らせた人たちへの謝罪ソング」

  • BARKS
  • 更新日:2017/08/11
No image

10月にソロ・デビュー・アルバム『As You Were』を発表するリアム・ギャラガーが、木曜日(8月10日)、収録曲の1つ「For What It's Worth」のリリック・ビデオを公開した。

◆「For What It's Worth」リリック・ビデオ

これは、今まで彼が怒らせてきた人達へのお詫びの曲だそう。『Pitchfork』によると、リアムは「わび状を書きたかった。1人へじゃない、みんなへだ。俺はごめんって言うのが苦手だからな」とのプレスリリースを出したという。

また、リアムは『Noisy』のインタビューでこう話した。「ああ、もちろん、俺はたくさんの間違いをおかしてきた。それが人生だ。この曲は誰に向けてであろうが、謝罪だよ。俺はたくさんの人達を怒らせてきた。でも当然、彼ら一人一人に曲を書くつもりはない。これ1つだ。それで水に流してくれ」

リアムのソロ・デビュー・アルバム『As You Were』は10月6日リリース。間もなく来日し、<ソニックマニア>および<サマーソニック 2017>大阪公演に出演する。また、8月17日には東京・ZEPP TOKYOで一夜限りの単独公演も行う。

Ako Suzuki

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キュウソネコカミ、「NO MORE 劣化実写化」の仕様・特典が決定!
『オーバーウォッチ』の短編アニメ新作がgamescom 2017で公開予定!
ハウスミュージック界のレジェンド・ROGER SANCHEZの来日公演が決定
【イベントレポート】People In The Box、ライブDVDの見どころは「ダイゴマンですね」
DAOKO歌う「打ち上げ花火」挿入歌、MVは岩井俊二が原作ロケ地で撮影
  • このエントリーをはてなブックマークに追加