リバプールFWが“超絶バックヒール”でゴール演出 米驚愕「世界最高級」、アンリも絶賛

リバプールFWが“超絶バックヒール”でゴール演出 米驚愕「世界最高級」、アンリも絶賛

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/02/13
No image

敵地サウサンプトン戦、ブラジル代表FWフィルミーノの圧巻スキルに会場騒然

イングランド1部リバプールは11日、プレミアリーグ第27節の敵地サウサンプトン戦で2-0と勝利した。この試合で1得点1アシストの活躍を見せたのがリバプールのブラジル代表FWロベルト・フィルミーノだ。先制弾に加え、超絶ヒールパスでゴールを演出し、元フランス代表FWティエリ・アンリ氏も「この男とプレーしたかった」と絶賛している。

まさにフィルミーノの独擅場だった。開始6分、FWモハメド・サラーのラストパスに反応して幸先良く先制ゴールを決めると、同42分には圧巻のスキルで会場を沸かせる。

相手のペナルティーエリア前でサラーからの横パスを受けたフィルミーノ。だが相手のプレッシャーを受けて、ゴールに背を向ける形でボールが足下に届いた。トラップするかと思われたが、フィルミーノはそのまま右足ヒールでパス。意表を突かれた相手は対応できず、ゴール手前に走り込んだサラーが得点ランキング2位の22ゴール目を決めた。

試合はリバプールが2-0と勝利したが、今季12ゴール目と華麗な背面ヒールパスを披露したフィルミーノが称賛を浴びている。英紙「エクスプレス」は、フランスの英雄であり解説者として活動するアンリ氏のコメントを引用。「あのアシストは彼の全てだ」と語ると、さらに「この男とプレーしたかった」と絶賛している。

驚くべきアシストに米メディア「完璧」

また米スポーツ専門テレビ局「CBSスポーツ」は、「モハメド・サラーの素晴らしいゴールでフィルミーノが驚くべきアシスト」と驚きを持って伝えると、「それは世界最高級だった。完璧だ」と手放しで称えている。

26歳のフィルミーノは今季在籍3シーズン目で、ここまで12ゴール6アシストをマーク。昨季の11ゴールをすでに上回り、プレミアで自己最多を更新するなど存在感は日に日に高まっている。

チームは現在、2位マンチェスター・ユナイテッドと勝ち点2差のリーグ3位につけ、UEFAチャンピオンズリーグでは14日に16強第1戦の敵地ポルト戦に臨む。アンリ氏も競演を熱望したフィルミーノは、これからどのようなプレーを見せてくれるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マンU、デ・ヘアの移籍金を130億円に設定...獲得を狙うレアルに対抗
カー娘惜敗に藤沢「悔しい。その一言」、本橋「最後までポジティブに」
シティと未だ契約延長に至らず...レアルがスターリングに興味か
グアルディオラ監督、マンCと契約延長間近と英紙
ダレノガレ明美、自分にそっくりとの噂のフィギュア選手への共感を明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加