矢井田瞳・地元の豊中で熱唱 未来テーマにした曲提供も

矢井田瞳・地元の豊中で熱唱 未来テーマにした曲提供も

  • THE PAGE
  • 更新日:2016/10/19
No image

[写真]子供らと熱唱する矢井田瞳(提供:sencame)

大阪府豊中市はこのほど、同市制施行80周年記念式典を行い、同市出身のシンガーソングライター、矢井田瞳が子供らのダンスチームや、少年少女合唱団とコラボして歌を披露するなど、盛り上がりをみせた。

子供らのダンスとともに「My Sweet Darlin’」

No image

[写真]地元でライブを行った矢井田瞳(提供:sencame)

矢井田は同市の豊中市立第九中学校を卒業。19歳でギターと出会い音楽をはじめ、2000年7月にシングル「B'coz I Love You」でメジャーデビューを果たした。出身地である豊中で歌うとあって、矢井田は前日に自身のSNSで「生まれ故郷で演奏するの、嬉しはずかしー楽しみ!」と投稿するなどしていた。

そして当日は、会場の「豊中市立文化芸術センター」は満員となり、その中でピアニスト山本健太さんの演奏とともに「Over the distance」「マワルソラ」など5曲をソロで熱唱。

また「My Sweet Darlin’」は小・中・高校生のダンスチームとともに披露した。後に、豊中少年少女合唱団も登場し「Ring my bell」「Circle」も熱唱した。

豊中の小学生の文を基に作った「その先へ」も披露

No image

[写真]豊中市立文化芸術センターは満員に(提供:sencame)

最後には、同市から依頼を受けて制作、提供した「その先へ」を披露。豊中の小学生が書いた作文「10年後のわたし・ぼくと豊中のまち」を矢井田が読み、歌詞を書いたという曲の披露とあって、会場は最高潮に盛り上がりを見せ、同市の80周年に花を添えた。

地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.77026093&lon=135.47005542&z=17

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ピコ太郎とMC Hammerの共通点!? リバイバル到来、 90s’ Party Music Everybody Listen Now! 90s’ Party Music
大滝詠一、山下達郎の名曲etc.を満載!ナイアガラ、幻のプロモ盤含む7inchボックスセットを限定販売
宇多田ヒカル、ネットイベント<30代はほどほど。>で初生パフォーマンス披露
港カヲル初ソロ作に松尾スズキ作詞曲、コンサートには綾小路翔が出演
宇多田ヒカル、ネットイベント『30代はほどほど。』にて「忘却 featuring KOHH」「人魚」を初生パフォーマンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加