Google、低品質広告を自動ブロックするChromeの新機能導入開始

Google、低品質広告を自動ブロックするChromeの新機能導入開始

  • MdN
  • 更新日:2018/02/15
No image

イメージ

米Googleは、同社のWebブラウザChromeについて、ビルトイン機能としての新しい広告フィルターの導入を発表している。

同社では、広告基準であるBetter Ads Standardsに準拠しない、例えば、サイトを開くとページいっぱいに表示される広告などを低品質な広告と位置づけ、今後はChromeに標準搭載される広告ブロック機能で排除することになる。

サイト運営者にはGoogleから広告が基準以下であることが通知され、サイトの評価は下げられる。運営者はその後、広告を改善し、Googleに報告することでサイトの評価を再審査してもらうことができる。

テスト運営では42%のサイトが広告の適正化を行い、再審査に合格。これをGoogleは望んでいた結果として、正式な導入を決めたとしている。

発表資料
URL:https://blog.chromium.org/2018/02/how-chromes-ad-filtering-works.html
2018/02/15

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ポケットに入れて持ち運べて安全・対衝撃・長時間飛行を供えたインドア向け小型ドローン「Cleo drone」
シャープの大人気ロボット電話機『RoBoHoN』に命が吹き込まれる製造現場に潜入
ドンキの激安PCは?「買うべき/買ってはいけない」ノートPC
Gmailに届いたメールをエイリアスごとに自動でタグを付けて分類してくれるGoogle Apps Scriptを使ってみた
お値段9990円!機内持ち込みサイズで44lの大容量を実現したドン・キホーテのキャスターが収納できるキャリーケース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加