最新ランキングをチェックしよう

バブルをつくってつぶした日経の責任:『バブル』

  • アゴラ
  • 更新日:2016/11/30

バブル:日本迷走の原点 [単行本]
永野 健二
新潮社
★★☆☆☆

バブルは珍しいものではない。歴史的には、10年に1回ぐらい規則的に起こっている。問題はそれが何度くり返されても、誰もが「今度は違う」と思い、その処理が遅れることだ。本書はバブルの記録としては表面的で凡庸だが、その張本人だった日経新聞に自覚がなかったことをよく示している。
公平のためにいうと、第2章の最初で「財テク」という言葉を

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
太陽光発電の売電ができなくなる? 「太陽光発電の2019年問題」とは
年金の「支給開始年齢の引き上げ」は国民へのイジ悪なのか?
日本でアップルやダイソン生まれない理由
生産終了のホンダ「モンキー」最終モデル、台数限定で発売
「首都圏ツーリングプラン」新発売 二輪車が高速道路2日間乗り降り自由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加