最新ランキングをチェックしよう

バブルをつくってつぶした日経の責任:『バブル』

  • アゴラ
  • 更新日:2016/11/30

バブル:日本迷走の原点 [単行本]
永野 健二
新潮社
★★☆☆☆

バブルは珍しいものではない。歴史的には、10年に1回ぐらい規則的に起こっている。問題はそれが何度くり返されても、誰もが「今度は違う」と思い、その処理が遅れることだ。本書はバブルの記録としては表面的で凡庸だが、その張本人だった日経新聞に自覚がなかったことをよく示している。
公平のためにいうと、第2章の最初で「財テク」という言葉を

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【東京モーターショー2017】出展社リスト...イタリア車とイギリス車がなくなる
「てるみくらぶ」内定取消者たちはいま...... 厚労省、日本旅行業協会などに聞いた
みずほ銀34歳支店長は異例? 活躍する同い年の社長たち CyberZ、コイニーほか
顧客の顔が見えない企業は「個人商店」に戻れ
「アクセルブレーキ踏み間違え事故」に目から鱗の対策?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加