最新ランキングをチェックしよう

バブルをつくってつぶした日経の責任:『バブル』

  • アゴラ
  • 更新日:2016/11/30

バブル:日本迷走の原点 [単行本]
永野 健二
新潮社
★★☆☆☆

バブルは珍しいものではない。歴史的には、10年に1回ぐらい規則的に起こっている。問題はそれが何度くり返されても、誰もが「今度は違う」と思い、その処理が遅れることだ。本書はバブルの記録としては表面的で凡庸だが、その張本人だった日経新聞に自覚がなかったことをよく示している。
公平のためにいうと、第2章の最初で「財テク」という言葉を

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヤフー前社長・井上雅博氏死去 交通事故で
ありがたみがわかる...絶対にヘルメットをかぶりたくなる写真いろいろ
【上海モーターショー2017】会場ではアウディ e-tronスポーツバック に注目だが、市場の関心の高さは...
まずはR32 GT-Rの部品を再生産。日産のエキゾチックカー、NISMOによって延命できそう
サンローランの 新クリエイティブ・ ディレクター、 メゾンについて語る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加