最新ランキングをチェックしよう

バブルをつくってつぶした日経の責任:『バブル』

  • アゴラ
  • 更新日:2016/11/30

バブル:日本迷走の原点 [単行本]
永野 健二
新潮社
★★☆☆☆

バブルは珍しいものではない。歴史的には、10年に1回ぐらい規則的に起こっている。問題はそれが何度くり返されても、誰もが「今度は違う」と思い、その処理が遅れることだ。本書はバブルの記録としては表面的で凡庸だが、その張本人だった日経新聞に自覚がなかったことをよく示している。
公平のためにいうと、第2章の最初で「財テク」という言葉を

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
名作「AJランプ」シリーズに新色7色が登場!全10色展開に
資生堂が組立工程に人型ロボットを試験導入 化粧品業界初
「童貞を殺すセーター」がついに日本上陸! ヴィレヴァンオンラインストアで販売開始
レストランは休業中 川越シェフが「世の中から忘れてもらいたい」
新婚夫婦の新生活準備費用は平均76.5万円、4割が「結婚後1年以内に子どもが欲しい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加