最新ランキングをチェックしよう

バブルをつくってつぶした日経の責任:『バブル』

  • アゴラ
  • 更新日:2016/11/30

バブル:日本迷走の原点 [単行本]
永野 健二
新潮社
★★☆☆☆

バブルは珍しいものではない。歴史的には、10年に1回ぐらい規則的に起こっている。問題はそれが何度くり返されても、誰もが「今度は違う」と思い、その処理が遅れることだ。本書はバブルの記録としては表面的で凡庸だが、その張本人だった日経新聞に自覚がなかったことをよく示している。
公平のためにいうと、第2章の最初で「財テク」という言葉を

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“倒れないバイク”再び ホンダが改良版、東京モーターショーに出展
ビットコイン、再び分裂か―「ビットコインゴールド」誕生、ただでもらえる可能性も
スーパーの「アピタ」「ピアゴ」をドンキへ転換 「5年後が勝負」
シチズン「Eco-Drive One」から世界最薄12.98mmの光発電時計が登場
GAP、大量閉鎖の嵐...「割高」価格&容易な値引きセール頻発で信頼低下
  • このエントリーをはてなブックマークに追加