「世界一危険な鳥」 ヒクイドリに襲われ男性死亡

「世界一危険な鳥」 ヒクイドリに襲われ男性死亡

  • テレ朝news
  • 更新日:2019/04/15
No image

動画を見る(元記事へ)

自宅で飼っていた鳥に襲われて男性が死亡した。その問題の鳥、名前はヒクイドリ。「世界一危険な鳥」とも言われていて、日本でも飼育されている。

まるで恐竜のような足には10センチはあろうかという鋭い爪が…。東武動物公園で展示されているヒクイドリだ。オーストラリアなどに生息し、足から頭まで最大で1.7メートル、体重は70キロにも達する。
この世界一危険な鳥を巡り、アメリカでまさかの事態が起きた。自宅でヒクイドリを飼う75歳の男性が転倒した際に突然、襲われて死亡したというのだ。ヒクイドリは空こそ飛べないが、時速50キロで走る脚力を持つという。
かつて、国内でも飼育小屋からヒクイドリが逃げ出して大騒ぎに。8時間にわたる捜索の末、ようやく捕獲された。世界一危険と呼ばれる一方で、ヒクイドリは絶滅の恐れのある貴重な動物。動物園は本来、臆病でおとなしい鳥なので静かに見てほしいという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
人気ホテルが標的に 事前のテロ情報生かせずか
カメラブランドの「ライカ」が中国で検閲対象に、「天安門事件」に触れたことが原因か
インドの人工衛星破壊で400あまりの破片がさまざまな軌道上にばらまかれた
抜歯治療で顎を骨折させた歯科医 過去には患者2人が死亡(米)
米イエローストーン国立公園の希少ワシが「鉛中毒死」 狩猟の鉛弾が原因
  • このエントリーをはてなブックマークに追加