最新ランキングをチェックしよう
東京為替:ドルの下値は堅い、今晩の米CPI下振れでも下げは限定的との見方も

東京為替:ドルの下値は堅い、今晩の米CPI下振れでも下げは限定的との見方も

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/19

株式会社フィスコ
ドル・円は上値の重い展開が続いている一方、下値の堅さも意識されている。ある外為ディーラーは「ドル買い需要は引き続き旺盛で、米9月消費者物価指数(CPI)が低調となっても103円前半に下げる展開は想定しにくい」との見方を示している。ここまでのドル・円の取引レンジは103円68銭から103円93銭、ユーロ・円は114円18銭から114円46銭、ユーロ・ドルは1.0996ドルから1.1

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ日本にだけ総合商社が成立したのか
太陽を自動追尾して効率よく発電!ソーラーパネル「SmartFlower」はメンテナスも不要
「500円ピザ」で急成長したが...... 「NAPOLI」運営の飲食ベンチャー破産
ありがたみがわかる...絶対にヘルメットをかぶりたくなる写真いろいろ
車もコンパニオンも?肩透かしの上海モーターショー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加