東京為替:ドルの下値は堅い、今晩の米CPI下振れでも下げは限定的との見方も

東京為替:ドルの下値は堅い、今晩の米CPI下振れでも下げは限定的との見方も

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/19
No image

株式会社フィスコ

ドル・円は上値の重い展開が続いている一方、下値の堅さも意識されている。ある外為ディーラーは「ドル買い需要は引き続き旺盛で、米9月消費者物価指数(CPI)が低調となっても103円前半に下げる展開は想定しにくい」との見方を示している。

ここまでのドル・円の取引レンジは103円68銭から103円93銭、ユーロ・円は114円18銭から114円46銭、ユーロ・ドルは1.0996ドルから1.1026ドルで推移している。

<MT>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニクロに1年潜入取材してみた!
脱ぐとき凄かった。サソリの脱皮シーンを早回しで(節足動物注意)
米国の新たな法律により、コードのクルマが2017年に復活
ドローン操れぬ自衛隊の時代遅れ度 「駆けつけ警護」に死角あり
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加