最新ランキングをチェックしよう
東京為替:ドルの下値は堅い、今晩の米CPI下振れでも下げは限定的との見方も

東京為替:ドルの下値は堅い、今晩の米CPI下振れでも下げは限定的との見方も

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/19

株式会社フィスコ
ドル・円は上値の重い展開が続いている一方、下値の堅さも意識されている。ある外為ディーラーは「ドル買い需要は引き続き旺盛で、米9月消費者物価指数(CPI)が低調となっても103円前半に下げる展開は想定しにくい」との見方を示している。ここまでのドル・円の取引レンジは103円68銭から103円93銭、ユーロ・円は114円18銭から114円46銭、ユーロ・ドルは1.0996ドルから1.1

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[マンガ]「借金地獄日本」が倒れない理由
レストランは休業中 川越シェフが「世の中から忘れてもらいたい」
知っているようで知らない「マイナンバー」7つの常識
森友・籠池氏、財務省と大阪府に「ハメられた」可能性...崩れる「国有地払い下げ」説
春はペットボトルにパーカー着せて--「ミュニデ」からリバティプリントの限定モデル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加