ソフトバンクが『Xperia XZ』『STAR WARS mobile』ほか新製品9モデルを発売

ソフトバンクが『Xperia XZ』『STAR WARS mobile』ほか新製品9モデルを発売

  • @DIME
  • 更新日:2016/10/18

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は、2016年冬から2017年春向けの新商品としてSoftBankから7機種、Y!mobileから2機種を2016年10月下旬以降順次発売を開始する。

ラインアップとして、SoftBankから「スマートフォン」3機種、「ケータイ」1機種、「タブレット」2機種、「衛星電話」1機種、Y!mobileから「ケータイ」1機種、「タブレット」1機種が登場する予定。また『AQUOS Xx3』の新色となるピンクを11月下旬以降に発売する。

今回も、Xperia初となる、3つのセンサーによってさまざまな場所できれいに撮影できる約2300万画素の高性能なカメラを搭載した『Xperia XZ』、「スター・ウォーズ」の世界観を表現したスマートフォン『STAR WARS mobile』、片手で持っても使いやすいサイズのスマートフォン『AQUOS Xx3 mini』など注目機種が揃った。ほかにもタブレットでは手軽に持ち歩ける8インチモデルや、迫力の映像が楽しめる約10インチのフルHDタイプ、さらにコンパクトサイズの衛星電話までバリエーションに富んだ内容となっている。

Xperia XZ(ソニーモバイルコミュニケーションズ)

No image

【『Xperia XZ』の主な特徴】

・「Xperia」初となる3つのセンサーを搭載した高性能カメラ
・上質な音でハイレゾ音源を楽しめる高音質技術
・2年使用してもバッテリーが劣化しにくい技術を採用

メインカメラに高速起動・撮影が可能な有効画素数約2300万画素のCMOSイメージセンサーを搭載。暗い場所でスピーディーにフォーカスを合わせることができる「レーザーAF(オートフォーカス)センサー」と、撮影時の光源を正確に認識し目で見たままの自然な色合いの撮影を実現する「RGBC-IRセンサー」を搭載し、さまざまな場所で美しい写真を撮影可能できる。さらに、動画撮影時の手ブレを補正する5軸手振れ補正機能を内蔵。そのほか、ハイレゾ音源の再生やデジタルノイズキャンセリングに対応し、ウォークマンで培われた高音質技術とあわせて、上質な音で音楽を楽しめる。

ソニーのバッテリー技術に加え、Qnovo社(アメリカ・カリフォルニア州)とソニーが共同開発した充電中の電流を調整することで、バッテリーにかかる負荷を軽減する充電最適化技術を採用。さらに、ユーザーの生活習慣に合わせて充電速度を調節する「いたわり充電」も搭載し、バッテリーへの負荷を軽減して長寿命化を実現している。また、バッテリー消費を抑えることで待ち受け時間をより長くする「STAMINAモード」は、新たに3段階から選択可能になり、実用性が向上。そのほか、充電端子には新しく「USB Type-C」を搭載し、急速充電が可能な「Quick Charge 3.0」にも対応した。

通信機能では、一度に運べる情報量を増やす「256QAM」に対応。複数の周波数帯を束ねる「キャリアアグリゲーション」などと組み合わせて下り最大350Mbpsの通信速度を実現した。また、『Xperia XZ』に4本のアンテナを内蔵することで、同社のスマートフォンとしては初めて、送信用(基地局)と受信用(端末)に各4本のアンテナを使って通信速度を高める「4×4 MIMO」が可能になった。さらに、大量のアンテナとビームフォーミングなどの技術により、一人一人に専用の電波を割り当てることで、人が多く集まる場所でも快適なモバイル通信を実現するネットワークの新技術「Massive MIMO」にも対応。快適にスマートフォンを利用できる。

■主な仕様
外形寸法/約幅72×高さ146×厚さ8.1mm、約161g
OS/Android 6.0.1 Marshmallow
CPU/クアッドコア(2.2GHz×2 + 1.6GHz×2)MSM8996
電池容量/2900mAh
ディスプレー/約5.2インチフルHD(1920×1080ドット)TFT液晶(最大1677万色)
モバイルカメラ/メイン:有効画素数約2300万画素・CMOS、サブ:有効画素数約1320万画素・CMOS
内蔵メモリー/ROM:32GB、RAM:3GB
防水・防じん/IPX5、IPX8/IP6X
カラーバリエーション/ミネラルブラック、プラチナ、フォレストブルー、ディープピンク
発売予定/2016年11月上旬以降

No image

STAR WARS mobile(シャープ)

No image

【『STAR WARS mobile』の主な特徴】

・映画『スター・ウォーズ』シリーズの世界観を凝縮
・Dark SideとLight Sideを表現した2つのカラーバリエーション
・他では入手できない限定フィギュアを同梱

世界的人気を誇る映画『スター・ウォーズ』の世界観を、壁紙やアプリケーションなどのコンテンツだけでなく、外観にも表現したスマートフォン。ホーム画面のライブ壁紙には、「スター・ウォーズ」シリーズの象徴的なシーンを、劇中に登場する乗り物「Xウィング」「タイ・アドバンスト x1」のコックピットに座っているかのような視点で、体感することができる。また、「時計」や「天気」「カレンダー」といったホームアプリがそれぞれコックピットからの視点での使用が可能。さらに、メールや電話といった基本アプリケーションのアイコンやホームボタンなどにも「スター・ウォーズ」のデザインが施されていたり、「帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)」をはじめとするおなじみの音楽や効果音が操作中に奏でられる。そのほかにも、人気キャラクターの壁紙や、映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が再生できる映像プレーヤーなど、「スター・ウォーズ」の世界観が凝縮されている。

「スター・ウォーズ」シリーズで象徴的に描かれているDark SideとLight Sideを表現した2色のカラーバリエーションを用意。背面には見る角度によって色が変わる偏光パネルが採用され、「スター・ウォーズ」のロゴと、映画に登場する帝国軍と反乱軍それぞれのシンボルをプリントした。さらに、個装箱にもそれぞれの世界観を表現したデザインを用いることで、選ぶカラーバリエーションで全く違った世界観を体験できる。

そして他では入手できない限定の「ダース・ベイダー(ローグ・ワン)ガンメタルver.」を含む、12月16日公開予定の映画最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターと乗り物のフィギュアを5種類同梱。それぞれオリジナルのパッケージで包装されている。

■主な仕様
外形寸法/約幅73×高さ149×厚さ7.6mm、約155g
OS/Android 6.0 Marshmallow
CPU/クアッドコア(2.2GHz×2 + 1.6GHz×2)MSM8996
電池容量/3000mAh
ディスプレー/約5.3インチ フルHD(1920×1080ドット)IGZO液晶(最大1677万色)
モバイルカメラ/メイン:有効画素数約2260万画素・CMOS、サブ:有効画素数約500万画素・CMOS
内蔵メモリー/ROM:32GB、RAM:3GB
防水・防じん/IPX5、IPX8/IP5X
カラーバリエーション/ダークサイド エディション、ライトサイド エディション
発売予定/2016年12月上旬以降

No image

AQUOS Xx3 mini(シャープ)

No image

【『AQUOS Xx3 mini』の主な特徴】

・使いやすいコンパクトなサイズと5色のカラーバリエーション
・有効画素数約2100万画素の高画質カメラを搭載、サブカメラはフラッシュ機能付き広角レンズ
・電池残量が少なくなった際に役立つ「長エネスイッチ」を搭載

ユーザーから要望の高いコンパクトなサイズにこだわり、片手で持っても使いやすいデザインを採用。また、本体のカラーとしてイエローグリーン、ブラック、ブルー、ピンク、ホワイトの多彩な5色を用意しており、好みのカラーを選べる。

メインカメラは有効画素数約2100万画素の高画質カメラを搭載。光学手ブレ補正機能により、遠くにある被写体もくっきりと写すことができる。サブカメラは、有効画素数約800万画素の広角レンズに加え、フラッシュを搭載。高精細な「自撮り」が可能だ。

電池残量が少なくなった場合に動作や機能を一部制限することで、より長く利用できる「長エネスイッチ」を装備。IGZO液晶の優れた省電力性能などと合わせて、電池切れを心配することなく安心して使うことが可能。

■主な仕様
外形寸法/約幅67×高さ135×厚さ8.6mm、約135g(暫定値)
OS/Android 7.0 Nougat
CPU/オクタコア(1.5GHz×4 + 1.2GHz×4)MSM8952
電池容量/2400mAh
ディスプレー/約4.7インチフルHD(1920×1080ドット)IGZO液晶(最大1677万色)
モバイルカメラ/メイン:有効画素数約2100万画素・CMOS、サブ:有効画素数約800万画素・CMOS
内蔵メモリー/ROM:16GB、RAM:3GB
防水・防じん/未定
カラーバリエーション/イエローグリーン、ブラック、ブルー、ピンク、ホワイト
発売予定/2017年2月上旬以降

No image

AQUOS ケータイ2(シャープ)

No image

【『AQUOS ケータイ2』の主な特徴】

・ワンプッシュで本体を開くことができ、VoLTE対応で高音質通話が可能
・1週間を超える電池持ち、防水・防じんに加え、MIL規格準拠の耐衝撃性能
・「LINE」などを簡単に起動できる「クイック起動キー」に加えWi-Fiも搭載

ヒンジの部分にあるボタンを押すだけで簡単に携帯電話を開くことが可能。あらかじめ設定することで、電話の着信時に携帯電話を開くだけで通話もできる。また、通話音量が従来比の1.5倍で聞こえる「でかレシーバー」を搭載し、さらにVoLTEに対応することで、高音質な通話が楽しめる。

1800mAhの大容量バッテリーを搭載し、1週間を超える電池持ちを実現。さらに防水(IPX5/IPX8)、防じん(IP5X)にも対応する。また、米国国防総省基準MIL-STD-810Gにおける規格に準拠した耐衝撃性能も備えており、さまざまな場面で安心して利用できる。

「クイック起動キー」を搭載し、コミュニケーションアプリ「LINE」や地図、よく使う電話番号など最大3つまでの機能をあらかじめ登録することで、ストレスなく起動が可能。また、Wi-Fiを搭載したほか、ワンセグや赤外線、テザリングなどの便利な機能が充実している。

■主な仕様
外形寸法/約幅51×高さ113×厚さ16.7mm(折りたたみ時)、約132g
電池容量/1800mAh
ディスプレー/約3.4インチ QHD(960×540ドット)TFT液晶(最大1677万色)
モバイルカメラ/有効画素数約800万画素・CMOS
防水・防じん/IPX5、IPX8/IP5X
カラーバリエーション/SoftBank:ライトグリーン、ブラック、ホワイト、ゴールド、ピンク Y!mobile:ホワイト、ブラック、ピンク
発売予定/2016年10月下旬以降
※Y!mobileからは『AQUOS ケータイ2 602SH』として発売

No image

Lenovo TAB3(レノボ)

No image

【『Lenovo TAB3』の主な特徴】

・約8インチの画面サイズで、片手で気軽に持ち歩ける
・デュアルスピーカーに加え、ドルビーのオーディオ技術「Dolby Atmos」に対応
・用途にあわせて自動で画面などを最適化するマルチモードに対応

狭額縁約8インチディスプレーを搭載しながら、片手で持ち歩けるコンパクトサイズのタブレット。画像処理エンジン「MiraVision」により、明るく、コントラストの高い画面を実現しており、大きく高画質な画面で、気軽に動画を楽しむことができる。

本体の前面にデュアルスピーカーを2つ搭載。高品質な音で動画などを楽しむことが可能だ。さらに、ドルビーのオーディオ技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」に対応することで、動画などで表現されている音の指向性を認識。没入感を演出する迫力のあるサウンドを創出できる。これにより、背後や頭上など、自分の周囲で動く効果音やセリフにより、まるで自分が映像の中にいるかのような感覚が味わえるはずだ。

画面も映画鑑賞や読書など、本製品の用途にあわせて画質や音質の切り替えを自動で実行。動画を鑑賞する場合であれが、それに最適な画質や音に調整してくれる。

■主な仕様
外形寸法/約幅125.5×高さ212.3×厚さ9.3mm、約353g
OS/Android 6.0 Marshmallow
CPU/クアッドコア(1.3GHz×4) MT8735
電池容量/4290mAh
ディスプレー/約8インチ WXGA(1280×800ドット、最大1677万色)
モバイルカメラ/メイン:有効画素数約500万画素・CMOS、サブ:有効画素数約200万画素・CMOS
内蔵メモリー/ROM:16GB、RAM:2GB
カラーバリエーション/スレートブラック、ポラールホワイト
発売予定/2016年12月上旬以降
※Y!mobileからは『Lenovo TAB3 602LV』として発売

No image

MediaPad T2 Pro(Huawei)

No image

【『MediaPad T2 Pro』の主な特徴】

・約10インチのフルHD対応のディスプレーを搭載した大画面タブレット
・大容量バッテリーと低消費電力オクタコアCPUで電池切れの不安を低減
・Huawei独自の音響技術により、ホームシアターのような視聴環境を再現

約10インチの大画面ディスプレーを搭載。フルHD対応に加え、視野角が160度のため、高解像度の映像を複数人で楽しむことができる。また、利用シーンに応じて画面のコントラストや明るさを自動で調節するため、どんな場面でも快適な視聴を実現。さらに、ブルーライトを50%カットする機能を搭載しており、読書時など長時間利用しても目が疲れにくい。

6500mAhの大容量バッテリーを搭載。さらに、電力消費を抑えるオクタコアCPUを搭載することで、電池切れの心配をせずに快適に利用できる。さらに、高速のWi-Fi規格である11acに対応することで、安定したWi-Fi通信を実現。ダウンロードや動画のストリーミングなどがスムーズに行なえる。

サウンドに関してはHuawei独自のサラウンドシステムである「SWS 2.0」に加え、スピーカーを本体に2つ搭載することで、より立体的な音響を再生。まるでホームシアターにいるかのような高い音質で動画や音楽を楽しむことができる。

■主な仕様
外形寸法/約幅259.1×高さ156.4×厚さ8.5mm、約486g
OS/Android 6.0 Marshmallow
CPU/オクタコア(1.5GHz×4 + 1.2GHz×4)MSM8939
電池容量/6500mAh
ディスプレー/約10インチ WUXGA(1920×1200ドット、最大1638万色)
モバイルカメラ/メイン:有効画素数約800万画素・CMOS、サブ:有効画素数約200万画素・CMOS
内蔵メモリー/ROM:16GB、RAM:2GB
防水・防じん/未定
カラーバリエーション/ホワイト、ブラック
発売予定/2017年3月上旬以降

No image

SoftBank 501TH(Thuraya Telecommunications Company)

No image

【『SoftBank 501TH』の主な特徴】

・軽くてコンパクトなサイズで防水・防じんに対応した衛星電話
・連続通話時間は国内で販売する衛星電話において最長の約9時間
・緊急機関への発信が可能。メニュー画面、SMS作成などは日本語に対応

重さ212gの片手で持ちやすいコンパクトなサイズの衛星電話。防水・防じん(IP55)、耐衝撃保護(IK05)に対応しており、海や山などさまざまな場所での利用が可能だ。そのほか、緊急時にあらかじめ指定した宛先へ電話の発信やSMSの送信が可能なSOSボタンやボリュームボタン、スピーカーホンなどを搭載するなど操作性も追求している。

大容量バッテリーの搭載により、連続通話時間は国内で販売する衛星電話において最長の約9時間、連続待受時間は約100時間を実現。Thuraya Telecommunications Company(スラヤ テレコミュニケーション カンパニー)が提供する衛星通信設備を利用することにより、災害時や海外出張など従来の一般携帯電話は圏外となるような場所や状況でも、衛星回線を介して通信が可能だ。

緊急機関(警察、消防・救急、海上保安庁)の発信ができ、万が一の時も安心。また、国番号無しで発信ができるほか、メニュー画面や電話帳登録、SMS作成は日本語に対応している。

■主な仕様
外形寸法/約幅53×高さ128×厚さ27mm、約212g
ディスプレー/約2.4インチ(240×320ドット)QVGA液晶(最大26万色)
防水・防じん/IP55/IK05
カラーバリエーション/ブラック
発売予定/2017年1月中旬以降

関連情報

http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2016/20161012_03/

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
5年以内に暗闇でも見えるようになる赤外線メガネが実現するかもしれない
Apache HTTP Web Server、HTTP/2処理に脆弱性
Photoshopよりコスパいい?画像編集ソフト「Affinity Photo」のウィンドウズ版が正式リリース
ポケモンGOの「謎の仕様変更」 広告ビジネス本格化の予兆か
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加