加藤 ツアー初優勝ならずも「今大会は自分のプレーができた」

加藤 ツアー初優勝ならずも「今大会は自分のプレーができた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

テニスのジャパン女子オープンのシングルス決勝が17日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ランキング171位の加藤未唯(22=佐川印刷)は同100位のザリナ・ディアス(23=カザフスタン)に2―6、5―7で敗れてツアー初優勝を逃した。

No image

日本女子オープンテニス決勝、加藤未唯(右手前)はザリナ・ディアスに敗れ優勝を逃す

ツアー初の決勝戦にも「緊張せずに普段通りに臨むことができた」という加藤だが、予選、ダブルスを含めて9日間で10試合目。ディアスも前週の大会や予選を合わせて13日間で13試合目とあって、消耗した両者の争いは地力に優るディアスの展開となった。「1ゲーム目から深いボールが来た。なるべく深く返そうと思ったが、やっぱり球に押されて(先に)展開された」と第1セットは第1、第7ゲームとブレークを許して落とした。

先月の全米オープンでは予選決勝で敗れ、腹立ち紛れに打ったボールで電光掲示板の一部を壊し、ラケットもへし折った。家族やコーチ、関係者からも厳しく批判を受け、「気持ちが全く駄目で耐えられずにああいう行動になってしまった。気持ちを改めないといけないと反省した」と自分を見つめ直した。「新しい自分を見せなきゃいけないと思った」という今大会は感情の起伏を抑え、粘り強くプレーし続けた。

第2セットも第5ゲームで先にブレークを許す苦しい展開。しかしその状況でも乱れず、直後にブレークバックするなど粘りを見せた。5―5で迎えた第11ゲームで痛恨のブレークを許したものの、「気持ちがブレないのはプレーもブレないことだと感じた。これを継続できるかが大事」と今後につながる準優勝となった。

穂積絵莉(23=橋本総業)との“エリミユ”ペアで今年の全豪では4強入りの活躍を見せた。「ダブルスとシングルスでは別。シングルスでの自信も欲しかった」と今回は1人で勝ち取った準優勝。「今大会は自分のプレーができたのがうれしいし、準優勝もうれしい」と満足げに締めくくった。

▼ザリナ・ディアス 2人とも疲れていて、1ポイント取るのも大変だった。大会を通じてサーブが良かったし、ポイントを短くするためにネットに出ることを意識していた。今はプレーできていることが本当にうれしい。(昨年9月の左腕の手術から復活してツアー初優勝)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バド奥原、世界女王の貫禄 次は難敵プサルラ戦、名勝負再現に注目
奈良くるみ/尾﨑里紗はチャン姉妹に競り負けコンビ初勝利ならず [東レPPO]
日本はシード国のイタリアとホームで対戦 [デ杯ワールドグループ2018]
西日本大会がスタート、ベスト8が出揃う [全日本テニス選手権]
ムグルッサ、プリスコバ、ケルバー、世界1位経験者3名が揃って準々決勝へ [東レPPO]

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加