長友「コロンビアとの初戦が重要」母校明大で講演

長友「コロンビアとの初戦が重要」母校明大で講演

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/12
No image

母校の明大でトークショーをした長友(中央)は学生と一緒に「オー!明治」(撮影・山崎安昭)

サッカー日本代表でインテルミラノDF長友佑都(31)が11日、都内の母校・明大の校舎に920人の後輩を集めて講演した。

ワールドカップ(W杯)ロシア大会が5カ月後に迫り、大会への決意を聞かれた。「(代表メンバーに)選ばれるか分からない。より一層危機感持ってやります。ただ、選ばれたとして言うなら、日本からすればどこも格上。どこと当たっても厳しいし、どこと当たってもいい覚悟があります。それとコロンビアとの初戦が重要です」。これまでと同じように初戦の重要性を強調していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
サーフィン五十嵐カノア18年強化指定に内定
小野&稲本“ミシャ流”歓迎!ペトロ新監督の指導法を絶賛
高校サッカー育ちのAリーガー。日豪ハーフの20歳、コナー・オトゥールの人生を変えた出会い
FC東京、Jリーグアジアチャレンジに向け「100%の力を出す」
青学原監督カヌー薬物混入は「論外」 「日本人の真面目さ勤勉さ否定する行為」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加