週刊文春ミステリーベスト10 2016年【海外部門】第1位は『傷だらけのカミーユ』

週刊文春ミステリーベスト10 2016年【海外部門】第1位は『傷だらけのカミーユ』

  • 週刊文春WEB
  • 更新日:2016/12/01

今年で40回を迎えた、恒例の「ミステリーベスト10」。日本推理作家協会会員及びミステリー作家、文芸評論家、書店員、翻訳家、各大学ミステリー研究会の皆さんのアンケートにより決定する、ミステリーランキングの決定版です。海外部門第1位にはピエール・ルメートル著『傷だらけのカミーユ』が輝きました。以下20位までの順位を紹介します。
ベスト10作品の紹介とアンケートによる講評、ピエール・ルメートル氏インタビュー、今年の海外ミステリーの傾向などは、週刊文春2016年12月8日号誌面でお読みいただけます。
海外の「ミステリーベスト10 2016年」はこちら

1位 『傷だらけのカミーユ』 (130点)

No image

ピエール・ルメートル 著
文春文庫

2位 『熊と踊れ 上下』 (115点)

No image

アンデシュ・ルースルンド/ステファン・トゥンベリ 著
ハヤカワ・ミステリ文庫

3位 『ミスター・メルセデス 上下』 (93点)

No image

スティーヴン・キング 著
文藝春秋

4位 『ザ・カルテル 上下』 (91点)

No image

ドン・ウィンズロウ 著
角川文庫

5位 『拾った女』 (72点)

No image

チャールズ・ウィルフォード 著
扶桑社文庫

6位 『煽動者』 (59点)

No image

ジェフリー・ディーバー 著
文藝春秋

7位 『転落の街 上下』 (44点)

No image

マイクル・コナリー 著
講談社文庫

8位 『黄昏の彼女たち 上下』 (42点)

No image

サラ・ウォーターズ 著
創元推理文庫

9位 『宇宙探偵マグナス・リドルフ』 (38点)

No image

ジャック・ヴァンス 著
国書刊行会

9位 『その雪と血を』 (38点)

No image

ジョー・ネスボ 著
ハヤカワ・ポケット・ミステリ

11位 『ジョイランド』

スティーヴン・キング 著
文春文庫

12位 『過ぎ去りし世界』

デニス・ルヘイン 著
ハヤカワ・ポケット・ミステリ

13位 『暗殺者の反撃 上下』

マーク・グリーニー 著
ハヤカワ文庫

14位 『テロ』

フェルディナント・フォン・シーラッハ 著
東京創元社

15位 『終わりなき道』

ジョン・ハート 著
ハヤカワ・ポケット・ミステリ

16位 『生か死か』

マイケル・ロボサム 著
ハヤカワ・ポケット・ミステリ

17位 『悪徳小説家』

ザーシャ・アランゴ 著
創元推理文庫

18位 『ささやく真実』

ヘレン・マクロイ 著
創元推理文庫

19位 『ジャック・リッチーのびっくりパレード』

ジャック・リッチー 著
ハヤカワ・ポケット・ミステリ

20位 『プラハの墓地』

ウンベルト・エーコ 著
東京創元社

※アンケートにご回答頂いたのは全国の日本推理作家協会会員及びミステリー作家、文芸評論家、書店員、翻訳家、各大学ミステリー研究会の皆さんです。
※投票の対象は発行日が2015年11月1日から2016年10月31日までの本です。1位は5点、以下、4点、3点、2点、1点として集計しました。国内部門の投票数は164、海外部門の投票数は143でした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「女性経験がありません」逃げ恥・平匡の告白に、女性ファン悶絶!
「科捜研の女」長田成哉演じる相馬涼が卒業!
2度目の打ち切りへ?「マツコの知らない世界」のヤラセに視聴者から批判殺到
木村拓哉、『A LIFE』で“かつてのタブー”大解禁!?  SMAP解散で「なりふり構わず」に?
今じゃムリ!?「35歳の高校生」が超一級若手の宝庫だった...菅田将暉、山崎賢人も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加