ムーミン公式が炎上!センター試験で登場するも若者知らず

ムーミン公式が炎上!センター試験で登場するも若者知らず

  • 秒刊SUNDAY
  • 更新日:2018/01/13
No image

ムーミンと言えば国民誰もが知っているゆるキャラアニメーション・・・というのももはや古い話なのかもしれません。そもそも「ムーミンって何!?」の世界の人もいるわけで、時代の流れを感じます。そんなムーミンがセンター試験に登場し話題を呼んでおります。しかし、その話題の方向性は別の方向に向かってしまっております。

ーセンター試験に登場するムーミン

No image
No image
No image
No image

【悲報】センター地理Bでムーミンの出身地を問う問題が出たことにより、ムーミン公式アカウントが受験生から誹謗中傷される
— ま (@kyodaiochitaaaa)
2018年1月13日
from Twitter

さてそんなムーミン、センター試験の地理Bで出身地を問う問題がでたようです。ムーミンと言えばフィンランドの作家「トーベ・ヤンソン」の小説が日本でアニメ化された妖精さんの物語です。かつて日本では誰もが知るアニメだったのですが、最近ではアニメが放送されてはおらず、グッズやキャラクターとして認知されております。

そのためか若者には認知度はイマイチと言った感じで、そもそもそんな問題わかるか!ということで、センター試験にキレる若者が多いようです。

中には公式アカウントにクレームをつける若者もいるようで、公式が謝罪するという始末。果たしてムーミン問題、これは是か非か意見が分かれそうです。

ー謝るムーミン公式

ムーミンの舞台はフィンランドかノルウェーか…という問題がセンター試験で出てお怒りのみなさんも多いようで…。まだまだ知られてないんだな、と反省、もっと知ってもらえるよう公式サイトもがんばります!これを機にムーミンの世界について知ってもらえると嬉しいな。
— ムーミン公式サイト (@moomin_jp)
2018年1月13日
from Twitter

ー様々な意見が送られる

No image


— 柳田 雄介 (@MczNagi)
2018年1月13日
from Twitter

お前は簡単だが言語はさすがにきつくね?
— かっざちゃん、許して (@kzvd6SmMnd5OzJi)
2018年1月13日
from Twitter

ノルウェー、スウェーデン、フィンランドの位置関係とバイキング=フィヨルドということさえ知っていれば、両アニメ、両言語知らなくても推理できる問題ですね。フィヨルド=ノルウェーだし、ノルウェーとスウェーデンの方が接する面積が広いので言語が似る可能性が高いと推理する。
— Boozeman (@booze_monkie)
2018年1月13日
from Twitter

ムーミンの出身地はムーミン谷でしょ。(マジレス)
— ふじぽんぽん (@hirofujiponpon)
2018年1月13日
from Twitter

ー結局問題はどういうものなのか

No image

結局問題はどういうものかというと「ムーミン」「小さなバイキングビッケ」のうちフィンランド語に関連するものはどれかというもので正解は「ムーミン」。

※小さなバイキングはスウェーデン語

ムーミン・小さなバイキングビッケがそれぞれ何処の出身かを知らないといけないという、幅広い知識が求められます。もともとムーミンは「トーベ・ヤンソン」の小説ということを踏まえると、アニメの知識というよりも、やはり歴史や地理と言った知識が求められるものと考えられます。

ムーミンといえば違和感ハンパ無いダンス
話題となりましたが

今後、若者にも認知度が拡大していくといいですね。

画像掲載元:Twitter

(秒刊サンデー:たまちゃん

画像が表示されない場合はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
知らなきゃ良かった!ディズニーランドの従業員における「3つの掟」
【検証】メガネの「最強くもり止め」と言われる『アンチフォグ』をiPhoneのカメラに塗って湯気にさらしたらこうなった!
会社は教えてくれない、サラリーマンが確定申告で得する裏技
【共感】「男子校の男子ってだいたいこんな感じ」ってイラストがTwitterで話題 / 全体の6割は単なる「〇〇」らしい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加