ダカールラリーで4回転の大横転! 恐るべしチリのアタカマ砂漠

ダカールラリーで4回転の大横転! 恐るべしチリのアタカマ砂漠

  • J SPORTS
  • 更新日:2017/11/14
No image

40本の動画から見える本当のダカールラリー

世界最高峰のアドベンチャーラリーと呼ばれるダカールラリー。
来年1月6日にスタートとなる大会は、40回目となる。
大きな節目を迎えるにあたり、主催者であるA.S.O(アモリースポーツオーガナイゼーションという、フランスのスポーツイベント主催団体。ツール・ド・フランスやパリマラソンの主催者でもある)が、大会スタートに向けて40本の動画を発表している。

選手たちをリタイアに追い込むアタカマ砂漠

今回ご紹介するカウントダウン動画はこちら。
第37回 2015年 アルゼンチン〜チリ〜ボリビア
タイトルは「真っ逆さまになる三橋」だ。

奥に見えるのがチリの砂丘。1000mを一気に駆け降りることもある。

2015年1月13日、チーム・ランドクルーザー・トヨタ・オートボデーの1号車、三橋淳ドライバー運転のランドクルーザー200が、チリのアタカマ砂漠の餌食となる。
このアタカマ砂漠は、選手達からとても恐れられているのだ。というのも、砂の粒子がとても細かく、現地ではその独特の砂を「フェシフェシ」と呼び、いかにそこでスタックやトラブルに巻き込まれないかが、勝敗を分ける鍵となる。

ゆっくりと横転していくマシン

No image

自走でキャンプ地に戻ってきたランドクルーザー。

ラリー中、砂丘を登りきれなかった三橋は、再アタックのために一旦バックしようとしたところで横転してしまった。
4回ロールして、マシンはストップ。
幸いにも、ランドクルーザーの堅牢さにより、乗員は無事。ロスタイムがあったが、無事その日のゴールにたどり着いた。

大転倒からの優勝、そして新しい挑戦

No image

最終ゴールでの三橋淳。

ボディに激しいダメージを負ったが、メカニックの懸命な修復により、翌日から再び快走を続けた三橋が、市販車部門を制して優勝。2位にはチームメイトのニコラ・ジボンがドライブする2号車が入って、ワン・ツーフィニッシュを決めた。

そして、第40回目のダカールラリーのテーマ、
DREAM.
DARE.
LIVE IT.
『夢を持て 挑戦せよ 人生を楽しめ』
三橋はこれを、2016年のダカールラリーで体現する。

元々バイクのライダーから、四輪へ転身してダカールラリーに挑んでいた三橋。
2016年には再び、バイクでアルゼンチン?ボリビアを舞台としたダカールラリーを完走。
ダカールラリーが南米で開催されるようになって、「日本人として最初の2輪完走ライダー」となった。

四輪とバイク、疲労度は圧倒的にバイクの方が大きく、不惑を超えていた三橋にはタフな毎日だったことだろう。しかしラリーが進むごとに、どんどん「やんちゃな少年」のようになっていく三橋淳、そんな彼から目が離せなかったダカールラリーだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ふなっしー「テレビ出演しない理由」に称賛集まる
【衝撃】450年前の地図に「UFOを手にしたマーメイド」がハッキリ載っていた! 陸地には身長3~4mの「パタゴニアの巨人」も!
2018年は「巨大地震頻発」の年に、地球物理学者らが警告
ユニクロで「買ってはいけない冬モノ」ワースト5
元小結旭鷲山「あの部屋の人を殴ったのが間違い」騒動は貴乃花親方の“異質さ”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加