ファーストコーポレーション---建設需要の回復基調で通年の増収増益を予想

ファーストコーポレーション---建設需要の回復基調で通年の増収増益を予想

  • FISCO
  • 更新日:2017/10/11
No image

株式会社フィスコ

ファーストコーポレーション<1430>は10日、2018年5月期第1四半期(17年6~8月)決算を発表した。売上高が前年同期比40.8%減の47.33億円、営業利益が同39.1%減の4.10億円、経常利益が同38.9%減の4.08億円、四半期純利益が同40.0%減の2.78億円となった。

事業エリアである東京圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)における2017年上半期のマンション着工件数は前年同期比6.3%増となった。一方、供給件数はデベロッパー各社が供給を抑制していることより同1.9%増と微増となった。通年の供給見込は前年比で6.2%程度の増加となると予想され、緩やかな回復基調にある。

2018年5月期通期の業績予想は、売上高が前期比32.1%増の276.67億円、営業利益が同17.7%増の24.42億円、経常利益が同18.8%増の23.92億円、当期純利益が同17.0%増の16.53億円とする期初計画を据え置いている。

<TN>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東北新幹線「はやぶさ」が半額に 八戸開業15周年でネット限定商品発売 JR東日本
“倒れないバイク”再び ホンダが改良版、東京モーターショーに出展
グーグル、都市開発事業を本格開始
データ不正で「火に油」 神戸製鋼所トップの不用意発言
ライドシェア、民泊、フリマなどシェアリングエコノミーはどこまで進む?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加