各球団発表、9月15日までの引退、自由契約、契約解除は?

各球団発表、9月15日までの引退、自由契約、契約解除は?

  • フルカウント
  • 更新日:2017/09/15
No image

日本ハム・飯山裕志【写真:荒川祐史】

ロッテ井口、阪神安藤、日本ハム飯山の3選手が今季限りでの引退発表

日本ハムの飯山裕志内野手が15日、今季限りでの現役引退を発表した。鹿児島れいめい高校から1997年ドラフト4位で日本ハムに入団し、20年間、日本ハム一筋でプレー。今季まで通算910試合に出場し、打率.202、150安打、1本塁打、45打点、15盗塁の成績を残している。

また、阪神は15日に安藤優也投手の今季限りでの現役引退を発表。阪神一筋16年で通算485試合に登板し、77勝66敗11セーブ76ホールド、防御率3.56の成績を残してきた。

シーズン終盤にさしかかり、すでに去就が決まっている選手は他にもいる。ロッテの井口資仁内野手は6月20日に今季限りでの現役引退を表明。ダイエー、ロッテでNPB通算1914試合に出場し、打率.270、250本塁打、1015打点をマーク。メジャーでも、初年度の2005年にホワイトソックスで世界一に貢献するなど、4シーズンで打率.268、44本塁打、205打点を記録した。偉大なキャリアに幕を下ろすことになる。

ヤクルトのロス・オーレンドルフ投手は今月14日に日本野球機構(NPB)から自由契約選手として公示。5月22日に免停中に車を運転し、人身事故を起こしていたオリックスの奥浪鏡内野手は、契約解除となったことが8月3日に球団から発表。NPBから自由契約選手として公示された。西武は11日にアレクシス・キャンデラリオ投手についてウエイバー公示の手続きを申請したと発表している。

以下が15日までに発表されている今季の引退、自由契約、契約解除。()内は発表となった日付。

セ・リーグ

【阪神】
安藤優也投手 現役引退(9月15日)

【ヤクルト】
ロス・オーレンドルフ投手 自由契約(9月14日)

パ・リーグ

【西武】
アレクシス・キャンデラリオ投手 ウエイバー公示申請(9月11日)

【オリックス】
奥浪鏡内野手 自由契約(8月3日)

【日本ハム】
飯山裕志内野手 現役引退(9月15日)

【ロッテ】
井口資仁内野手 現役引退(6月20日)(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神・糸井、謎の進軍ラッパ「ジャンヌ・ダルク」で日本一へ大逆転だ!
プロ野球史上初の快挙 楽天に助っ人「シーズン20発トリオ」誕生
巨人戦で左翼スタンドから物が投げ込まれる 福留の頭上を通過
阪神二軍監督“解任”の掛布雅之氏が「金本を潰す!」と、他球団に怒りの売り込み
鷹モイネロ負傷、復帰時期次第でリリーフ陣に影響も 起用法に再考の余地?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加