世界のHIV感染者、約半数は「自覚なし」 WHO

世界のHIV感染者、約半数は「自覚なし」 WHO

  • AFPBB News
  • 更新日:2016/11/30
No image

エイズへの理解を示すレッドリボンのピンバッチ。英ロンドンで(2016年11月15日撮影、資料写真)。

【AFP】世界保健機関は29日、世界のHIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染者の半数近くが自らの感染に気付いていないとして、自家検査キットへのより広範なアクセスを呼びかけた。

WHOによると、2015年の推定では、HIVウイルスの感染者の40%、すなわち全世界で1400万人以上は感染についての自覚がないとしている。診断の欠如は、WHOが勧告する、全てのHIV感染者への抗レトロウイルス療法の提供を実施する上で障害となっている。

12月1日の「世界エイズデー」を前に、スイス・ジュネーブで会見したWHO・HIV対策局のゴットフリート・ヒルンシャル局長は、「HIV陽性であることを知らないために、感染者の多くは、治療開始のタイミングが遅くなっている」ことを指摘した。

WHOのマーガレット・チャン事務局長は、自家検査キットへのより簡単なアクセスで、驚くほど大きな変化が期待できるとしている。声明でチャン氏は、「自己検査は、多くの人々が自らのHIV感染状況を知り、治療を受ける方法を見つけて、予防サービスにアクセスする扉を開くものとなる」と述べている。

同日、欧州ではHIV感染者のおよそ7人に1人が自分の感染に気付いていないとの報告が、欧州連合とWHOによって発表された。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
南米で「浮遊する不思議な島」が発見される! 完璧な円形を描く島は人工的に切り取られた可能性も!?
米カリフォルニア州でパーティー中に火災、40人程度死亡か
【びっくり!】豪邸を相続した男性、家具に隠された財宝を発見!
誰もいないのにノックの音。中国の宇宙飛行士が宇宙空間での恐怖体験を告白
トランプ以後の世界を生きる「羅針盤」となる本

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加