最新ランキングをチェックしよう
少年野球で深刻な捕手の故障 投手に次ぐ負担にも関わらず、指導者の配慮不足も

少年野球で深刻な捕手の故障 投手に次ぐ負担にも関わらず、指導者の配慮不足も

  • フルカウント
  • 更新日:2020/02/16

少年野球で深刻な捕手の故障、投手に次ぐ負担も(写真はイメージ)【写真:Getty Images】アメリカでは少年野球の盗塁は禁止、二塁に速い球を投げるために障害を負うケースも 小中学校の野球で、投手に次いで故障が多いのは捕手だ。投手の陰に隠れて目立たないが、捕手の健康被害も深刻だ。 捕手は、軟式の少年野球であってもプロテクターやレガースなど重い防具をつけてプレーをする。その重たい装備のままで試合中

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本の元祖二刀流として活躍された関根潤三さん その驚くべき記録とは
土曜阪神の危険な人気馬
デイリースポーツ
梨田昌孝氏がコロナ陽性 呼吸困難と重度の肺炎
ロッテの名物ウグイス嬢が思い出す、1994年榎康弘の初勝利と試合後の“ある出来事”
MLB、6地区再編&アリゾナとフロリダで開催検討
  • このエントリーをはてなブックマークに追加